わりきり英会話 第4回 16個の基本動詞

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 わりきり英会話, 英単語


「日常英会話は16個の動詞で話せる」

英語学習者ならば一度は耳にしたことがあると思います。

これは “Basic English” を提唱したイギリスの言語学者 C.K.Ogden が提唱したと言われています。

専用の書籍や教材がたくさんありますがたったの16個ですので、わりきり英会話の中で覚えてしまいましょう。

また、16個しか使わないからといって、決して間違ってる表現ではなく、むしろ「ネイティブが日常的によく使う表現」であるケースも多いです。

つまり難しい単語を覚えるより、簡単な単語でどう表現するかを覚えることが日常英会話では効果的です。

(なら、他の単語はいらないと思う方もいるかもしれません。
16個の動詞では表現が制限されるのは確かで、細かいニュアンス、情緒的な表現、専門的な話には向きません。
あくまでも日常会話の話と考えてください。)

ササっと覚えて、どんどん英会話の中で使って行くことが上達への近道です。

16個の基本動詞は下記の物です。

Be, Have, Do, Go, Come, Take, Put, Let, Keep
Get, Give, Make, See, Seem, Send, Say

みなさんよく知ってる単語ばかりですね。

次回以降、単語一つ一つ説明していきます。

関連記事


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑