アメリカではサービスエリアにBBQグリルがある!?

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 アメリカ文化


もうすぐ梅雨も明け、真っ青な空の下でアウトドアを楽しめる季節ですね。
キャンプやBBQに行って自然の中で普段とは違う日常を感じるのもいいものです。

日本ではキャンプ場や許可された公園などでしかできないバーベキューですが、本場アメリカではその辺でできます。

例えば、公園には備え付けのグリルがありますし、高速道路の休憩場にもあります。
(雨風に晒されているので錆がひどく、気になる人は網を持参した方がいいです)

ちょっと庭があるホテルにもついてたりします。

もちろん庭がある家を持ってる人は大体BBQグリルを持ってます。

アメリカの料理番組を見ると庭先でバーベキューをしてたりして「料理番組でバーベキュー?」と思ったこともありますが、そのくらいアメリカ人にとってはバーベキューは日常のことなのでしょう。

ちなみに、アメリカでは許可の無い公共の場所でお酒を飲めません。

公園でバーベキューをしてもお酒は飲めないことの方が多いという問題もあります。

公園とはいえ、だだっ広い公園が多いので、お酒はなくても自然を感じながらバーベキューをするのは非常に気持ちがいいですよ。

関連記事


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑