知らないと聞き取れない口語 “have gotta 〜”

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 日常英会話


口語でよく使われる表現で “have gotta 〜” というのがあります。

慣れないと “have gotten” と聞こえてしまい、「何かを手に入れたのかな?」などと思ってしまいますが違います。

“have gotta”“have got to” の略で、「〜しなくちゃ」と言った意味があります。つまり “have to” の口語だと思っていいと思います。

文法的には “got”“get” の過去分詞で、現在完了形になります。また、to の後ろは動詞の原形です。

さらに口語では “have” が省略され、“gotta” だけになります。

知らないと意味がわからないですが、使えると結構便利ですよ。

“have gotta” を使った例

“I’ve gotta go.” 「もう行かないと」

“You’ve gotta believe.” 「ほんとだよ(信じてよ)」

“You’ve gotta come see.” 「ちょっと来て見てよ」

関連記事


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑