ヒアリングマラソン


ヒアリングマラソンは英語学習で成功した多くの人に支持されるアルクのベストセラーです。

実はヒアリングマラソンはレベルや学習負荷に合わせて以下のコースに分かれています。

コース
概要
価格
学習期間
推奨学習時間
対象レベル
内容
1000時間ヒアリングマラソン
ちまたでヒアリングマラソンと言われるのはこれ!
1年間で1000時間ガッツリ勉強。
53,784円
(税込)
12ヶ月1000時間
(1日平均3時間弱)
中級以上マンスリーテキスト12冊/マンスリーCD12枚/テストCD12枚/『ENGLISH JOURNAL』(CD付き) 12冊/マンスリーテストHEMHET12回
ヒアリングマラソン 6カ月コース
1年間というのはちょっと・・・という人向けの6ヶ月コース。
内容は1000時間ヒアリングマラソンと同じで、期間が短いだけ。
30,240円
(税込)
6ヶ月500時間
(1日平均3時間弱)
中級以上マンスリーテキスト6冊/マンスリーCD6枚/テストCD6枚/『ENGLISH JOURNAL』(CD付き) 6冊/マンスリーテストHEMHET6回
ヒアリングマラソン 中級コース

中級を目指す人向けのコース。
忙しくて時間が取れない人にも効果的に学習できるよう、一日の学習時間を少なめに設定。
38,880円
(税込)
6ヶ月1日40分
週4日
初級以上テキスト6冊/CD6枚/別冊ランナーズエイド6冊/マンスリーテスト6回
ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo!<キクゾー!>
初心者向けのヒアリングマラソン。
忙しくて時間が取れない人にも効果的に学習できるよう、一日の学習時間を少なめに設定。
38,880円
(税込)
6ヶ月1日30分
週4日
初心者テキスト6冊/CD6枚/別冊ランナーズエイド6冊/マンスリーテスト6回
3ラウンド・コンプリートプラン
「ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo!<キクゾー!>」と「ヒアリングマラソン中級コース」がセットになったコース。7,560円もお得!70,200円
(税込)
12ヶ月1日30〜40分
週4日
初心者テキスト12冊/CD12枚/別冊ランナーズエイド12冊/マンスリーテスト12回

ちまたでヒアリングマラソンと呼ばれるのは「1000時間ヒアリングマラソン」で、人気が高いのもこのコースです。

ここでは「1000時間ヒアリングコース」についてレビューしていきます!

いろんな生きた英語をヒアリング!

英語って、例えばアメリカ英語とイギリス英語では違うと言われますが、本当に全然違います。

私の英語はアメリカ英語がベースになってますが、イギリス英語を聴くと違和感を感じるし、アジア人が話す英語なんて、ぱっと聴いた感じのリズムやイントネーションが英語とは思えないモノだったりします。

ヒアリングマラソンは、英語のバリエーションが多く、アメリカ、イギリスはもちろん、様々な国の人が話す英語が用意されていて、グローバル下で英語を使っていける力を養うために、かなり効果的に学習できると思います。

学習用教材は大きく分けて

・教材
・雑誌「English Journal」

に分かれてます。(どれもCD音源付きです)

教材について、はじめは教材的な堅めの英語ですが、徐々に生のバリエーションに富んだ英語になっていきます。

また、English Journal は著名人のインタビューや、時事的なニュース等、教材用に作った物ではなく、生の英語が用意されてます。

さらに、アメリカやイギリスなど、海外の習慣の紹介等コラム的な情報もあり、読み物としても楽しいものになってます。

1000時間に偽りないボリューム

「1000時間」と謳っていますが、かなり気合いを入れないと全部消化できないくらいの分量です。

教材とEnglish Journalを合わせて1日2時間〜3時間、休日無しで勉強できる量があります。(逆にそのくらい勉強しないと終わりません)

ちなみにEnglish Journalは160ページ程あります。

滅入りそうなくらいの量がある様に思うかもしれませんが、教材一式は毎月旬の話題を取り入れたものが送られてくる形になっているので、都度新しい気持ちで飽きずにつづけられるようになってます。

この分量なので、英語初心者にはあまりオススメできず、目安としてはTOEIC500〜600くらいは必要だと思います。

毎月上達を確認できるテスト付き

毎月CD付きでテスト用の教材も送られてきて、学習成果を確認できるのがうれしいポイントです。

テストの結果はWEB上で添削され丁寧な解説がついてくるので、自分が弱いところが補強できるるようになってます。

また、SNSサイトまで用意されていて、分からないところを担当のコーチに質問することができます。

本当にやる気のある人には、とてもいい環境が整っていると言えます。

ちょっと高くない??

実はEnglish Journal単体を年間購読した場合は16,000円くらいです。

ヒアリングマラソンでそのボリュームの多くを占めるのがEnglish Journalなので、単純に比較すると割高なのでは?と思いますよね。

English Journalは分量はありますが、実は文法や発音等、英語の基礎力を補うのには適していません。

もしEnglish Journalだけを購読した場合は、教材だけ投げっぱなしで、あとはお好きにどうぞという感じになります。

例えばTOEIC800や900を越えていて、「生の英語に触れる分量をこなしたい」のであれば、それでもいいかもしれません。

でも、英語を勉強中という人にとっては English Journal単体では持て余してしまい、結局続かないことになりがちになると思います。

ヒアリングマラソンは、テキストで基礎力を補い、テストで実力を確認し、SNSサイトで弱いところを補強しながら、1000時間続けられるように組まれている点が優れています。

幅広く対応してくれえてサポートも厚い1000時間ヒアリングマラソンは、本当に英語を勉強する気がある人にとって、まずはこれをやってみて損は無いと言える良い教材です!


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク
Topへ↑