オンライン英語添削のアイディー(IDIY)




「急に英語でメールを出さないといけないのに、Google翻訳では変な英語になってしまって困った」ということはありませんか?

私はこんな時、オンライン英語添削[アイディー]を使っています。アイディーは一回数百円と安く、ネイティブや日本人プロが解説つきで添削をしてくれ、評判もよくおすすめです。

無料体験もできるので、まずは試しに使ってみるのもいいでしょう。

アイディー(IDIY)を使ってみた

打ち合わせの依頼をするためのビジネスメールを書く状況を想定して、実際につかってみましょう。ここでは日本語で書いた内容をGoogle翻訳で英語にして添削してもらいます。

まずはオリジナルの日本語文をこのように用意しました。(名前等の固有名詞は適当なものです)

idiy-japanese

これをGoogle翻訳するとこのようになりました。

idiy-org-eng

ため息が出そうになるほどいろいろ間違いのある英文ですが、このままアイディーに添削依頼してみます。後で説明しますが、アイディーは単語数によってポイント消費が違います。今回は47単語でした。

加えて、コメント欄に質問や希望を書く事ができるのでこのように希望を出しました。

idiy-request

すると1日もしないうちにこのような添削結果ができました。黒字英文は元の英文赤字英文は訂正後日本語は訂正の説明です。
間違っているところは「英文にあやまりがありました」とあって、説明つきで赤字で訂正されています。すごい丁寧で分かりやすい説明です。

idiy-comment1
idiy-comment2
idiy-comment3
idiy-comment4
idiy-comment5
idiy-comment6
idiy-comment7
idiy-comment8

単純に英文を修正するのではなく、ちゃんとビジネスメールを想定して補足して修正してくれてます。これなら、次回から応用を効かせてまた再利用できそうだし、非常に満足の行く結果です。それにしてもスゴいボリュームですよね!

添削結果はすぐにコピーできる様に一カ所にまとめたかたちでも提供されます。今回の修正版はこちら。

idiy-for-copy

こんな英文がさらっとメールに流れていたら、同僚から驚かれるかもしれませんね。

アイディーの料金体系

アイディーの料金体系は少し複雑ですが、大別してポイント制と定期券があります。

ポイント制について

ポイント制についてざっくりとまとめるとこのようになります。

  • あらかじめポイントを購入
  • 添削する単語数に応じてポイントを消費
  • 一単語あたりの消費ポイントは英文の種類、解説の有無による

購入ポイント数によってディスカウントがあります。

購入ポイント数
1Pあたりの価格
購入例
100P〜400P12円100P購入で1,200円
500P~900P10円500P購入で5,000円
1000P以上8.9円1,000P購入で8,900円

だいたい1ポイント10円ですが、たくさん買った方がお得です。ポイント有効期限は180日なので気をつけましょう。

消費するポイントは一単語あたり 0.8ポイントから1.5ポイントです。これは添削の解説の有無と英文の種類の違いです。

解説有無
英文種類
1単語あたり消費P
学べる添削
(解説あり)
一般英文1.5P
英語日記
問題添削(日替わり・自由・和文英訳)
1.0P
お手軽添削
(解説なし)
一般英文1.2P
英語日記
問題添削(日替わり・自由・和文英訳)
0.8P

解説ありだと上記の例のように丁寧に説明してくれますが、解説無しだと添削だけしてもらえます。

中上級の方は解説無しでも良いでしょう。あまり自信が無い人は説明があった方が勉強になるので解説ありが良いです。

英語日記とは文字通り「今日何があって、あれがあって、、」と言うような日記です。文章が単純なので安いのでしょう。

一般英文とはそれ以外の英文で、今回のメールのような英文も含まれます。

その他に問題添削系のがありますが、これは問題に答える形で英作文をして添削してもらうもので演習用ということですね。英文日記やは英作文力を付けるのに良いでしょう。

まとめると

  • 英文が必要になった時は「一般英作文」
  • 英文の力をつけたい時は「英語日記」や問題添削

といった感じで、初級者は解説付きでがいいでしょう。

英語添削アイディーでは無料体験で100ポイントもらえます。60から70単語くらいの添削ができるので、試しにやってみると面白いですよ。

定期券について

定期券は、購入から30日間毎日添削ができるプランです。1回の単語数は50個、または100個から選べ、料金が違います。

また、ポイント制と同じ様に、解説の有無、英文の種類で料金が異なります。

解説有無
英文種類
1回50単語まで
1回100単語まで
学べる添削
(解説あり)
一般英文含む全て9,800円
(327円)
14,980円
(499円)
英語日記
問題添削(日替わり・自由・和文英訳) のみ
6,980円
(233円)
12,300円
(410円)
お手軽添削
(解説なし)
一般英文含む全て7,500円
(250円)
11,900円
(397円)
英語日記
問題添削(日替わり・自由・和文英訳) のみ
4,980円
(166円)
8,900円
(297円)

もし50個や100個など規定の単語数を越えた場合は、別途ポイントを消費することで見てもらえます。

通常のアイディーは72時間以内に添削してもらえます。(今回の私の例では20時間くらいだった)

これでは間に合わない!という人には最短3時間で添削してもらえる「アイディービジネス」というビジネス向けサービスがあります。

多少料金が高くなりますが、必要になったその時に見てもらえるのでビジネスにおすすめです。

講師も選べる

添削の講師はネイティブか日本人かを選べます。

ネイティブにするとネイティブらしい英文にしてもらえますが、解説も英語なので初級者には難しいかもしれません。日本人だと日本語で解説してくれるので、分かりやすくておすすめですよ。

はじめはランダムも選べるので、なるべく説明が丁寧なお気に入りの講師を見つけましょう。

いかがでしょうか?

あまり使えないWeb翻訳に頼るのも難しい時は、素直にプロに見てもらった方が高品質で安心ですよ。無料体験があるので、まずは使ってみてください。

オンライン英語添削[アイディー]はこちら


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク
Topへ↑