DMM英会話のデイリーニュースが人気の理由


こんにちは!かんなです♪

DMM英会話のデイリーニュースについて質問がありました。わたしもよく使ってるデイリーニュース。

「デイリーニュースの記事は豊富ですごく使いやすいって聞くんだけど、じゃあ具体的にどうなの?」ってところをまとめます。

見やすい理由:すべての記事が写真付き

DMM英会話のデイリーニュースは全部写真付き!どんな感じかというと、比べるとわかるかも。

まずは、写真が無い某オンライン英会話のデイリーニュースはこんな感じ
レアジョブのデイリーニュース

文字ばかりだから、記事を選ぶ時にいちいち本文を読まないと選べないし、前に使った記事をまた選んじゃったり、結構ストレスフル。

逆に、写真があるDMM英会話のデイリーニュースはこんな感じ!
DMM英会話のデイリーニュース

どう?かなり見やすいでしょ?
写真とタイトルを読めば、何となくどんな話かわかる。毎日記事を選ぶのも楽しくなるし、レッスンじゃなくても読みたくなっちゃう。

元の記事は VOA や Global Voices

記事のほとんどがアメリカ国営放送のVOAをもとにしている。VOAは世界的にも英語学習に使われているいい教材よ。

VOA以外にも、Global Voicesの記事を使ってる時もある。

なので記事の質はとってもいい感じ♪

レベル別に検索できる

さっきでてきた上の写真を見るとわかるけど、DMM英会話のデイリーニュースには記事毎にレベルが書いてあって、自分の英語力に合わせて記事を選べる。

Levelは4から10まで。

  • Level4〜6は中級。日本語訳付き
  • Level7から8は中上級
  • Level9から10は上級

レベル6までは日本語訳あり!しかも、日本語訳を付けるかどうか切り替えられるのがうれしい!

正確には、ボキャブラリーは全てのレベルで日本語訳がついている。記事本文の日本語訳はレベル6まで。読んでる最中も切り替えられて、ページの再読み込みも無いから便利だよ。

例えば初心者の人なら、はじめはレベル4で日本語訳付で勉強して、慣れてきたら日本語訳を表示しない事もできる。

日本語訳のON/OFFはページの読み込みが無くていつでも切り替えられるから便利。

ボキャブラリーや演習問題がしっかりしてて勉強に使える

重要な単語はボキャブラリーとして、意味と使い方がまとまっている。難しい単語があるけど、ボキャブラリーだけならレベル10でも日本語訳を付けられるから便利。

あと、本文を読んだ後は質問やディスカッション用の問題が充実している。

全体の構成はこんな感じだよ。

・ボキャブラリー 意味と例文付、一部音声付き
・本文
・Questions 本文の内容を正確に答える理解度を測る問題
・Discussion 本文の内容に関連して自分の意見を言うスピーキング問題
・Further Discussion より内容が濃いディスカッション問題
・Sentence Building ボキャブラリーで習った単語を使った英作文
・Summary 本文要約

だいたい、1回のレッスンでは Disccusion あたりまで。遅いとそこまでいかない場合もある感じ。
二回に分けてもいいけど、2回目のレッスンで先生が本文を読む時間がかかっちゃってもったいないから、おすすめは後半の問題は自分でやることかな。
本文要約の問題とかは、自分で言う力をつけられるいい練習になるよ。

記事の数が圧倒的に多い

DMM英会話のデイリーニュースは、1日で3記事以上更新される。私が見た時は、1日3〜5記事新規で追加されてたよ。
1日4記事だとすると、一年間で1,500記事近くになる計算。スゴいよね。

LEVEL 6まで1つ以上、LEVEL7からで一つ以上更新されるので、自分のレベルにあった記事を選びやすい。

わからない単語の勉強にiKnowを使える

実はこれがかなり便利。

iKnowでは、もともと用意されているコース以外にも、自分で登録した単語の勉強もできる。

単語の登録はすごく簡単!長文を読み込ませると、長文の中から単語を抽出してくれるので、そこからわからない単語だけ選ぶだけ。

そう!デイリーニュースの本文を読み込ませて、わからない単語だけちょちょっと選ぶだけでiKnowに登録できる。意味もiKnowが辞書から自動的に設定してくれるので便利だよ。

iKnowはDMM英会話を使っていれば無料で使えるので、わたしはDMM英会話のデイリーニュースの単語はiKnowで勉強してるよ。

カテゴリが豊富

DMM英会話のデイリーニュースはカテゴリが豊富!12種類ものカテゴリがある。

  • Science & Technology
  • Arts & Entertainment
  • Economy & Business
  • Health
  • Language
  • World
  • Asia
  • USA
  • Europe
  • Africa
  • Mid East
  • Americas

わかりやすいのは「Arts & Entertainment」かな。逆に「Africa」「Mid East」とかは高度な政治や国際問題があってちょっと難しい。けどこんなところから世界の事がわかったりするから、まんべんなく選ぶと楽しいよ。

改善ポイント

残念な所があるとすれば、本文の音声読み上げがないところかな。
わたしは毎回先生に読んでもらってるから、そこでリスニングの練習もしているよ。

まとめ

DMM英会話のデイリーニュースは使いやすいし充実しているから個人的にはおすすめ。

DMM英会話に登録しなくとも見れるから興味があったら見てみて。下手なニュースサイトを見るよりも使いやすいと思うよ。

DMM英会話の無料体験レッスンはこちら


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑