26回目 上級 「生産性を上げたい!どっちの設備投資をする?」 レアジョブビジネス英会話


こんにちは!かんなです♪

今日もレアジョブのビジネス英会話コースでがんばります!

今日の先生はLyza.I先生。アメリカの超大手銀行で営業してるんだって。すごい!バリバリのビジネスパーソンなんじゃない?楽しみ〜。
と思って予約したら、直前で講師変更。こういう方ってお忙しいのかしらね?そういえば、そもそもレアジョブで先生をしてる意味も不明。

しょうがないので代理のMarchy先生。

教材は上級のChapter1-3「Decision」の前回の続き。

オンライン英会話開始!

Marchy先生からは時間通りコールがきたよ。教材の内容は、前回の続きで意思決定に関して。

  • 二者択一の意思決定(短編)
  • 二者択一の意思決定(長編)

二者択一の意思決定(短編)

ビジネス課題とそれに対する解決策が二つ書かれてるので、どっちが良いかを理由つけて答える問題。

例えば、「生産性を上げたい。機械を導入するか、人を雇うかどっちが良いか?」みたいな、簡単に言うとそんな感じ。どっちも正解になりうる。大事なのはなぜそっちを選んだかって理由。

まあ、選んだ方のいい点ともう一方の悪い点を言えばいいんだよね。そう思ったら、Marchy先生のツッコミが結構厳しい。「こっちがいいって言うけど、デメリットもあるよね?それはどう思うの?」とか聞いてくる。まるで上司のレビューを受けてるみたい。しかも当然英語だから、わたしはしどろもどろ。

すごい難しい!!これは続けると力になると思う。

二者択一の意思決定(長編)

こっちは長編だけど、もっと優しい問題。

例えばだけど、ある部署に機械を導入しようとしてて、二つの機械から一つ選ぶようなイメージ。二つの機械の説明が細かく書かれてて、それを読んでどっちが良いかを決める。
先生が結構わかりやすい質問をしてくるから、「こういう答えを言えばいいんだな」って先読みできちゃうから、問題としては結構簡単。

でも、質問に答えていくことで自然に論理が積み上がっていくから、こうやって論理を組み立てるんだ、って参考になる。
うまくアウトプットを誘導されて、模範解答をインプットしてる感じだから、問題の意味はすごくあると思う。

今日はここまで。一個は短いけど難しくて、もう一個は簡単だけど長かった。

まとめ

今回は講師変更があったから自分で選んだ先生じゃないんだけど、鋭いツッコミが良かった。

教材はやっぱりいい感じ。上級って飛び抜けてる感がある。わたしはレッスン3回で1個の教材がようやく終わるくらい、難しくて時間が掛かるんだけど、根気強く続ければ上達すると信じてがんばる!

シリーズ レアジョブビジネス英会話コース一ヶ月間体験レビュー


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク
Topへ↑