アメリカでの住宅探しに便利な realtor.com

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 アメリカ文化


アメリカの一戸建てに住んでみたいと思いませんか?

窮屈な電車通勤もなく、車で広い道路を通り悠々と通勤。広い庭付きで、週末は芝生の手入れ、夕方には庭先でバーベキュー。憧れますよねぇ。

いろいろ事情があるので、いざアメリカに住むのは難しいかもしれませんが、ただ物件を眺めているのも楽しいものです。

今日は、ただ眺めるもよし、ローンを組んで本当に購入するもよし、アメリカの住宅探しに便利なサイトを紹介します。

アメリカの住宅探しサイト

realtor.com というサイトで、簡単にアメリカで売りに出されている家を探す事ができます。

ちなみに realtor とは「不動産エージェント」のことです。

realtor.com の使い方

まず realtor.com のサイトに行くとこのような画面になります。

realtor-1-top

この画面中央の検索エリアで “For Sale” を選んで大まかな住所を入れるだけです。ここでは試しに “Los Angels, CA” といれて検索しました。

するとこのように、ロスの売りに出ている家がリストアップされます。

realtor-2-search-result

この中から一つ選んでみましょう。おしゃれで落ち着いた感じの家を選びます。するとこのような画面が表示されます。

realtor-3-house

いいですね!写真だけ見ててもうれしくなります。ただし、170万ドル程する豪邸ですが。

物件情報のチェック

この画面の下の方に、詳しい情報が出ています。まずは概要ですね。

realtor-4-overview

この家は1962年に作られた事が分かります。日本人からみるとかなり古い印象ですが、どうやらスペイン様式の家なのでとてもおしゃれですね。

物件の写真のチェック

気になる内装も含めて写真も見れます。

realtor-5-photos
realtor-6-photos2

とても広々してて、白を基調にしたおしゃれな内装ですね。

物件の周辺学校等をチェック

この家の周辺の事も気になりますよね。そんな人のために、学校等の近所の施設もみることができます。

realtor-7-schools

これによると”Selma Avenue Elementary School” が 0.8マイル(1.3kmくらい)にあるようです。比較的近いところに小学校があるので安心です。

物件の過去の価格移り変わりをチェック

さらに便利な事に、この物件の今までの価格の遷移を見る事ができます。

realtor-8-history

1962年に建てられたので、さすがに Price History が沢山ありますね。価格は上昇傾向ですが、2005年に売れて最後、その後は売れていなさそうという事も分かります。「2005年に買った人が価格をつり上げてるんじゃないの?」とか、こんな想像ができるまで細かいことが分かります。

ローンをシミュレーション

最後に、ローンの簡単なシミュレーションもできます。

realtor-9-payment
realtor-10-payment2

頭金と金利を入れると、期間に応じたローンプランが算出されます。

アプリもある

iPhoneとAndroid向けにアプリがあり、日本でもダウンロードできます。移動中の暇つぶしにも使えます。

まとめ

如何でしたでしょうか。実際に家の購入を検討している人にも充実したサービスですし、写真が沢山あるのでタダ見ているだけでも楽しいサイトです。

今回は豪邸2億円近い豪邸を例にあげましたが、庶民的な家も載ってますし、アメリカの生活を垣間見れます。

ちなみに Google のストリートビューと一緒に合わせて見ると楽しさも倍増ですよ。

住宅購入に関する英語表現

“realtor” 「不動産エージェント」
“single family home” 「一戸建て」
“apartment, condominium” 「マンション(の一戸)」
“town house” 「タウンハウス」
“one-story house” 「一階建ての家」
“two-story house” 「二階建ての家」
“for sale” 「売り出し中」(特別安売りでなくても使う)
“budget” 「予算」
“quotation, estimation” 「見積もり」 (quotationが確定に近い)
“mortgage” 「抵当」

関連記事


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑