ロマンチック街道がアメリカ人にウケない理由

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 アメリカ文化, 旅行


ドイツのロマンチック街道と言えば、一度は行ってみたいところですよね。

私はロマンチック街道のローテンブルグに行ったことがありますが、日本人観光客が多かったのが印象的でした。

アメリカ人の友人にロマンチック街道の事を言っても「そんなところがあるんだ」という反応で、あまり馴染みが無いようでした。

その友人曰く「ファンタスティック街道」ならアメリカ人にウケたかもとのこと。

日本人は「ロマンチック」と言う響きから、いかにも素敵で落ち着いた雰囲気に魅力を感じるのに対し、アメリカ人は旅行にそんな雰囲気を求める傾向が低いようです。

逆に、きらびやかで楽しそうで凄そうな「ファンタスティック」ならアメリカ人が魅力を感じるだろう、とのこと。

これはあくまでその友人のコメントですが、日本人とアメリカ人の価値観の違いを妙に納得した話でした。

ちなみにローテンブルグは古き良きヨーロッパのイメージそのもので、とてもよかったです。
ただし、あまり見るところは多くないので、夏頃に開かれるお祭りの時に行くことをおすすめします。じゃないと一日で飽きるかも。

関連記事


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑