sell と sale は全然違う!?


sell と sale の違いわかりますか?

どちらも「売る」というような意味がありますね。同じような意味ですが、実は全然違うので間違えて使うと恥ずかしいです。

しっかりと覚えておきましょう。

sell は動詞

sell は基本的に「〜を売る」という動詞だと思って良いでしょう。

The dealer sells the car. で「そのディーラーはその車を売っている」です。

珍しい使い方だと「売れる」という意味もあります。

The car sell well. で「その車はよく売れる」

また、名詞として使われることもあります。株式の「売り」「買い」のことを “sell” “buy” と言います。

しかし、基本的には一番初めの例のように、目的語をとって「〜を売る」という使い方が多いです。

sale は名詞

一方で、sale は名詞で、「販売」という意味です。

The car is on sale. 「その車は販売中です。

また、日本語のセールのように「大売出し」といった意味もありますが、紛らわしいのでうまく使い分けができない人は「販売」と覚えておきましょう。

逆に「大売出しは」 big sale などわかりやすい単語を付け足してもいいですよ。

sale は動詞としては使えないので注意しましょう。

番外 sales は形容詞

sales は「販売の」という意味の形容詞です。

sale が名詞なので、複数形の s がついたもののようにも見えますが、「販売」は数えられませんので sales は名詞ではありません。

このように使います。

sales account 「売上勘定」
sales cost 「販売費」

ちなみに sale account のように名詞の sale を使っても同じ意味で「売上勘定」です。

これは名詞の形容詞的用法で、名詞が連続するときは、形容詞のように扱われる正しい英語です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。もう一度おさらいしましょう。

  • sell : 動詞 「〜を売る」
  • sale : 名詞 「販売」
  • sales : 形容詞 「販売の」

sell と sale、また sales の違いがわかりましたね。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑