「遅かれ早かれ」を英語で言うと?

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 英会話


「遅かれ早かれ」って言いますよね。
「時期に違いはあるものの、結局いつかは〜」というようなニュアンスで使います。

すごく日本語独特の表現にも見えますが、この「遅かれ早かれ」を英語でなんというかわかりますか?

「遅かれ早かれ」は sooner or later とと言います。意外に感覚的にわかりやすいですよね。

例)
遅かれ早かれ、あなたはその作業を終わらせなければならないだろう。
Sooner or later, you will have to finish the work.

これに似た表現で下記のものもあります。

It’s a matter of time (until 〜) 「〜は時間の問題だ」

例)
彼がその秘密を知るのも時間の問題だ。

It’s a matter of time until he knows the secret.

いかがでしょうか。
sooner or later は覚えやすいので、自然に使っていきたいですね。

関連記事


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑