短期語学留学


フィリピン短期留学のニルス

英語をモノにしたい人でまとまった時間が取れる人には短期語学留学が一番オススメです。

その中でも低価格で安定した品質の教育を受けられるのがフィリピンセブの短期留学です。

そもそも短期語学留学って壁が高すぎる?

  • 「留学費用なんて高すぎる!」
  • 「海外に長期滞在するなんて不安!」

と思うかもしれませんが、実は最近かなり敷居が下がってきているんです。

特にリゾートで有名なセブ島で行う短期留学の人気が爆発的に伸びてます。

ここではリーズナブルな価格で、安心して行ける「NILS(ニルス)」を紹介します。

なぜフィリピン、セブ?

語学留学の印象といえば、アメリカ、イギリスをはじめ、英語ネイティブの国に長期滞在するイメージですよね。

そんな国は物価が高いところが多く、授業料と生活費を入れるとかなりの金額になり、かつて短期留学といえば一大決心をしてするものだったと思います。

そんな中で今注目を浴びているのがフィリピンです。

フィリピンは授業料・生活費が安い!

フィリピンは物価が安いです。単純な比較は難しいですが、だいたい日本の1/3〜1/5くらいの感覚です。

現地ではちょっと高めのマクドナルドでも日本の半額程度で食べれます。

なので、授業料も生活費もかなり安いのです。

ニルスでは生活費込みで1日1万円程度で朝から晩までマンツーマンレッスンを受けられます。

フィリピンは英語力が高い!

フィリピンは他言語国家で約160の言語があります。

そのため、国内でも意思疎通するために公用語が必要で、フィリピン人は子どもの頃から英語を勉強しています。

労働者の約半分がコールセンター業務をしていると言われるくらい、英語会話による海外向けの仕事をしています。

2012年にGlobal English社により行われた調査では、Business Enblish Index(BEI)と呼ばれるビジネス英語運用に関する数値が、フィリピンが1位と言う結果が出ています。

本場、アメリカ、イギリスを差し置いての1位です。

オンライン英会話の講師でフィリピン人が多いのもそういった背景があります。

フィリピンセブは治安にも力を入れている

フィリピンでもセブは国際的なリゾート地で、フィリピン政府も安全には力を入れているところです。

実際、フィリピン全土の平均と比べるとセブでの犯罪率は低いという統計データもあります。

最低限海外で気をつけることを守れば、快適に過ごせると思います。

南の島のバカンス留学!?

突き抜けるような青い空、見渡す限りの青い海。ゆっくりと時間が流れるビーチ。そんなセブ島で英会話ができます。

レッスンは集中して勉強して、休むところは目一杯休んで、ビーチに繰り出しましょう。一石二鳥ですね。

172,000円/1ヶ月 の手軽さと日本人スタッフの安心サポート
セブ島<格安>リゾート留学はこちら

ニルスって?

ニルスはマンツーマンでもこの価格!

最近フィリピン短期後額留学のスクールは増えていて、授業形式のものや、マンツーマン形式などいろいろあります。

ニルスはあくまでマンツーマンにこだわっていて、生徒が遠慮なく話せるレッスン形式なのがポイントです。

朝から晩までまさに英語で会話しっぱなしです。授業中寝れませんね(笑)

また、マンツーマンだと必然的に授業料は多くなりがちですが、ニルスは全然高いと感じません。

好みに応じて、一日のレッスン時間、期間、寮の部屋タイプを選べます。

レッスン、寮、一日二食(月〜金)を含む基本料金
がっちりプラン(一日8時間)の例
部屋 1週間 2週間 4週間 8週間 12週間 16週間 24週間
1人部屋 97,000 144,000 248,000 496,000 744,000 992,000 1,488,000
2人部屋 91,000 132,000 224,000 448,000 672,000 896,000 1,344,000
3人部屋 86,000 122,000 204,000 408,000 612,000 816,000 1,224,000

ちなみに、短期後額留学の効果が出るのは3ヶ月程度と言われています。

そこで、1日8時間、12週間、1人部屋で料金をシミュレーションしてみるとこんな感じになります。

 

基本料金 843,000円
入学金 15,000円
テキスト 4,500円程
SSP (※1) 16,000円
ビザ (※2) 20,000円程
海外送金手数料 2,000円
光熱費 14,400円
合計 905,900円程

※1 SSP:修学許可証、フィリピンでの短期留学に必要
※2 ビザ:31日以上の滞在に必要

合計だけ見るとちょっと大きい額ですが、一日当たりで見ると、部屋と食事付きで一日一万円程の価格です。

日本の街中の英会話スクールと比べると2,3時間分の価格で、寮と食事付き8時間のマンツーマンレッスンができる事になります。

欧米留学の約1/3の費用で留学可能!
<初心者向け>セブ語学留学はこちら

ニルスは日本人向けの安心サポート

ニルスは日本資金で日本人向けのスクールなので、日本人が安心して長期滞在できるように気を配られてます。

実は、フィリピン短期留学に火をつけたのはお隣韓国と言われていて、フィリピンには韓国資本のスクールが多いです。

韓国のスクールでも、フィリピン人講師というのは変わらないのですが、生活面では困る場面があります。

まず食事。韓国資本のスクールの場合は韓国料理である事が多いですが、何にでもキムチやニンニク、唐辛子が使われ、基本的に辛いです。

一日二日なら全然問題ないのですが、長期間となると耐えられなくなります。

ただでさえ一日中英語漬けで疲れているのに食事で安心できないのはストレスですよね。

また、水回りやネットワーク等の生活面のトラブル、外出先でのトラブル等があったとき、外国人に英語でサポートをお願いするのは心細く、想像以上に時間と手間がかかります。

ニルスは日本資本の日本人向けのスクールなので、食事は日本食ですし、サポートも日本人が対応するので、生活面での安心感は全然違います。

柔軟に選べる豊富なコース

ニルスのコースは、1日4、6、8、10時間レッスンの中から選ぶ事ができます。

  • 1日4時間のゆっくりプラン
  • 1日6時間の標準プラン
  • 1日8時間のガッチリプラン
  • 1日10時間のスパルタプラン

適度な負荷でいい、という人は1日4時間レッスンを受け、空いた時間は好きな事ができるし、集中的に勉強したい人は1日10時間レッスンでガンガン話せます。

さらに、基本コースの他、ホテル滞在プランや、親子留学プラン、働きながら学べるインターンシッププラン等、豊富なプランがあり、さまざまなカスタマイズにも応えてくれます。

ニルスはアクセスがいいセブの中心部

セブに行ったからには、空いた時間は絶対レジャーに繰り出したいですよね!

ニルスのスクールは、セブの中心部にあるITパークと言うところにあり、レジャーへのアクセスは抜群です。

スクールのすぐ近くにレストランやショッピングモールもあるので、気軽に外出する事もできます。

この立地の良さは、フィリピン留学のスクールの中でもトップクラスだと思います。

ニルスの寮は、スクールから専用のジプシーで10分くらいのところにありますが、寮の周りにもたくさんレストランがあるので、息抜きする所には困らないです。

他のスクールはど田舎にあり、タクシーを使わないと街に出れないところもあります。(田舎でタクシーを捕まえるのは至難の業です)

そもそも外出を禁止しているスクールもあります。

ニルスはその点外出ができて、かつ、レジャー施設へのアクセスが良いのが、かなりのプラスポイントだと思います。

そもそもレッスンの内容は?

全てマンツーマンレッスンで、通常の4倍の効果があると言われているカランメソッドを取り入れたレッスンをします。

カリキュラムでガヂガヂに決められたレッスンというよりは、マンツーマンである利点を活かし、それぞれのレベルや目的、状況に合わせてレッスンをします。

文法が弱ければ文法の補強をしたり、発音が弱ければ発音の特訓をしたり。

1日8コマ目で疲れているようであれば、気を張らないカジュアルな感じのトークをしたりしてくれます。

TOEICやTOEFLなどの試験対策のレッスンを受ける事もできます。

ただし、正直教え方は講師の人によるところが大きいのが弱点と言えば弱点です。

講師の質も人によりますが、皆さん接しやすい感じで心地よくレッスンを受けられます。

ニルスで効果的な学習はスピーキングでアウトプットの繰り返しだと思います。とにかく話す事をメインに強化したい人で、講師と相談しながらレッスンを受けたい人向けのレッスンだと思います。

フィリピン留学 気になること編

良さそうだけど、それでもいろいろ細かいところが気になる。。。

ここからはフィリピン留学で気になるところをQ&A形式でまとめます。

ビザは必要?

30日までであればビザは不要です。入国カードの目的欄は「観光目的」で入国できます。
ただし、SSPというフィリピンで短期留学する際に必要な許可証が必要になります。

この他に31日以上であればビザが必要です。ニルスではビザの取得まで面倒を見てくれます。

空港からの寮までの移動は?

スクールからの迎えが来ます。何と深夜でも迎えに来てくれるそうです。知らない土地なので安心ですね。

寮とスクール間の移動は?

専用の送迎サービス(ジプシー)を利用できます。

ATMは使える?

ちゃんと普及しているので、いざと言うときクレジットカードでキャッシングできます。
Citiの口座を持っていれば引き落としもできます。

気候は?

基本的にずっと夏です。夏服にパーカーの様なちょっと羽織るものがあれば良いでしょう。

電圧とコンセントの形状は?

電圧は220V, 周波数は 60Hzです。
周波数は日本の家電なら問題ありません。
電圧は、携帯やスマートフォンやカメラ、PCなど消費電力が小さいものは、電源アダプターが対応しているケースがほとんどです。
電源アダプターに 100V-240V 等と書いてあると思うので確認しましょう。
ドライヤー等の消費電力が大きいものはだいたい対応していないので、変圧器が必要です。
髭剃りは微妙です。物によるので確認しましょう。

コンセントの形状は、日本と同じ「Aタイプ」か丸い穴が二つの「Cタイプ」が多いです。
どちらも一般に使われているので大丈夫だと思いますが、心配だったら「Cタイプ」への変換プラグを購入しましょう。

治安は?

当然日本よりは悪いですが、気をつけることをちゃんと守れば快適だと思います。

ちなみに、ニルス公式ではこのように言われています。

日本と比べると治安は悪いですが、セブは観光地であり、フィリピン政府も治安に力を入れていることから、
その他の都市に比べると非常によい治安です。ただし、以下の事項を注意する必要があります。

危険な場所の情報は前もって集める
スラム/裏通りには近寄らない
深夜には出歩かない
財布を目立つとこに置かない
多額の現金を持ち歩かない
子供にも十分に注意する
派手な格好をしない
目立つ行為をしない
日本人は、お金を持っているというイメージもあり、何もしていなくても大変目立ちます。
自分が日本人だという認識を持つことが大切です。

食事は?

月〜金の朝晩二食付きです。日本食ですが、日本で食べる日本食には劣ります。
昼食はスクールのカフェテリアで100円程度で食べれますし、スクールの外にたくさんレストランがあります。

寮の部屋の設備は?

エアコン、シャワー、トイレ完備です。
ホテルとは違い寮なので、日本人からしてキレイとは言えません。
水回り等気になる人は気になると思います。

寮の門限は?

基本的にありません。ただし、未成年の方は午後10時までとしているようです。
破ったら停学・退学処分の可能性もあるので注意してください。

喫煙・飲酒は?

寮、スクールともに禁煙です。寮では飲酒はできます。
ただし、午後11〜午前7時までは他の人の迷惑になるので寮内で騒がないようにしましょう。

インターネットは使える?

教室内、寮のロビーで無料wifiを使えます。
また、wifiモデムの貸し出しもしているそうです。

携帯電話を使いたいんだけど?

プリペイド式の携帯を購入できます。10000ペソくらいからの物があります。

困った時はどうしたら?

日本人サポートが対応します。(20名程いるようです)

もっと詳しく知りたいんだけど?

公式ホームページから資料請求や、無料相談、無料セミナーへの申し込みができます。
また、同じく公式ホームページから日本人サポートにチャットで問い合わせることもできます。




スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Topへ↑