タクシーから見る英会話のこれから

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 日常英会話, 未分類


先日都内を少し移動する時、少し急いでいたためタクシーを利用しました。

タクシーの運転手は40歳位でしょうか。白髪混じりの線が細い雰囲気の方でした。

運転手と世間話になったのですが、運転手曰く「最近は外国のお客が増えてね。こないだ載せた時も言葉が通じなくてえらい目にあいましたよ。」とのこと。

話を聞くと、外国人をタクシーに乗せた時、地図で示された場所に連れて行ったそうなのですが、その場所に到着してもそのお客は不満そうで、何かを言っていたそうです。

場所が違うのか、運転に不満なのか、料金に不満なのか(これはしょうがないですが)一体何に不満なのか結局わからなかったそうです。

「なんとか運賃は頂きましたけどね」と少し疲れた様子の運転手。

おそらく度々同じようなことがあるんでしょうね。

私はお節介だと思いつつも放っておけなく「最近はインターネットの英会話も安くて結構評判いいのがあるみたいですよ」と言ったものの、細身の運転手は「今からABCを勉強してもねぇ」と笑ってました。

どう考えるかは人の自由ですが、私はこれから、外国人の増加は馬鹿にならないと思っています。
企業はどんどん外国人を採用していますし、海外から一気に外国人が来る一大イベントのオリンピックも控えています。

簡単な英語が話せるだけでそのタクシーの満足度は上がりそうですが、何もしなければ周りと比べ相対的に悪くなるでしょう。

これがもし自分に起きたらどうでしょうか?

  • いつも来店するお客が外国人になったら?
  • 取引先の担当が外国人になったら?
  • 隣で働いているのが外国人だったら?

英語を話せずに自分の居場所を維持できますか?

私はその危機感から英会話を勉強しました。

仕事は英会話を始める前より充実しやりたいことていますし、生活にも潤いが出てきました。

ちょっとでもやる気がある人はあまり構えずに始めましょう。

まずは始めること。その次は継続することが大切です。

手軽に始められるオンライン英会話からはじめてみては如何でしょうか?

関連記事


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑