比較編1 比較級では比較対象の格をそろえる – DMM英会話でTOEIC文法対策


「比較級では比較対象の格をそろえる」。。。格ってなに?って感じだけど、要するに I, my, me, mine のような名詞の変形。

比較を使う時に、実は結構間違いやすいところだと思う。具体的にはこう。

間違い: He is taller than me.
正しい: He is taller than I.

上の方が何となく会ってるように見えるけど、実は、この場合は I を使う。なぜかと言うと I の後に am が省略されてる。

us や we でも同じ。ここまではいいんだけど。。。本番はここから!

これにも例外があって、than 後ろが all や both で修飾される時は us とかの目的格になる。

間違い: He is taller than we all.
正しい: He is taller than us all.

こういう例外系って覚えずらいけどがんばって覚えるよ!

「DMM英会話でTOEIC文法対策」レビュー記事一覧
DMM英会話でTOEIC文法対策をやってみた
1. 名詞・冠詞編
2. 代名詞編
ちょっと息抜き
3. 形容詞編
4. 副詞編
5. 比較編
比較編1 比較級では比較対象の格をそろえる
比較編2 比較級でも the がつく絶対比較級
比較編3 more than one student は2人以上なのに単数扱い
比較編4 同一のものの異なる性質の比較級は more を使う
比較編5 比較のよくでる慣用句
比較編 まとめ
6. 動詞と前置詞編
7. 時制編
8. 助動詞編
9. 受動態編
10. 不定詞・動名詞編
11. 分詞編
12. 関係詞編
13. 仮定法編
14. 接続詞編
15. 倒置編
TOEIC文法を2ヶ月続けた感想


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑