時制編3 状態動詞は進行形になりにくい(なることもある) – DMM英会話でTOEIC文法対策


状態を表す動詞は進行形になりにくい。
状態動詞は五感系の see, hear, smell, taste, feelとか認知系の believe, think, understand, know、感情系の like, love, hate, wantとか。
どれも今まさにそうなってる状態を表すから、わざわざ進行形にする意味がないんだろうね。

ここまでは基本。でもここからがお約束の例外ケース。難しい例外が出てくるのがこの「TOEIC TEST 英文法完全バイブル」のレッスン。
少しずつ状態が変わっているところを表現する時や、状態が連続している時は進行形も使える。

I’m feeling better little by little. 「だんだん具合がよくなってきた」

でももしTOEIC本番で

I ______ better little by little.
A. feel
B. am feeling
C. …
D. …

とかいう問題出たらちょっと正解できるか全く自信ない。こんなのTOEICで出るかな?

「DMM英会話でTOEIC文法対策」レビュー記事一覧
DMM英会話でTOEIC文法対策をやってみた
1. 名詞・冠詞編
2. 代名詞編
ちょっと息抜き
3. 形容詞編
4. 副詞編
5. 比較編
6. 動詞と前置詞編
7. 時制編
時制編1 基本!時制は一致させる
時制編2 主節の時制は仮定法には影響しない
時制編3 状態動詞は進行形になりにくい(なることもある) – DMM英会話でTOEIC文法対策
時制編4 現在形と過去形が同じ動詞
時制編5 be going to と will の違い
時制編6 完了形の ever と回数は同時に使えない
時制編 まとめ
8. 助動詞編
9. 受動態編
10. 不定詞・動名詞編
11. 分詞編
12. 関係詞編
13. 仮定法編
14. 接続詞編
15. 倒置編
TOEIC文法を2ヶ月続けた感想


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑