分詞編8 分詞構文 – DMM英会話でTOEIC文法対策


主節と従属説の主語が同じ場合、従属説の主語と接続詞を省略できる。

現在分詞を使った分詞構文

「道を歩いている時に、彼は彼女に会った」
When he walked on the street, he met her.
Walking on the street, he met her.

過去分詞を使った分詞構文

現在分詞だけじゃなくて、過去分詞も使えるよ。

「彼の学説は多くの人に理解されたが、受け入れられなかった」
While his theory was understood by many people, his theory was not accepted.
Uderstood by many people, his theoly was not accepted.

この場合、Being understood … としてもいいみたいなんだけど、being って野暮ったいからあまりやらないらしい。

接続詞を省略すると、主節と従属説の関係も分からないし、意味が変わってきそうなんだけど、省略するのは while とか when とかなので、だいたい意味からわかるみたい。慣れないと使いづらいけど、使えるとぐぐっと英語っぽくカッコよくなるよね。

従属説の時制が主節よりも過去の場合の分詞構文

上の例だと時制を表現できない。そこで、従属説の時税が主節よりも過去の場合は Having で始まる過去分詞を使う。

「彼の学説は多くの人に理解されたが、受け入れられていない」
While his theory was understood by many people, his theory is not accepted.
Having been understood by many people, his theory is not accepted.

ここで超注意!!この Having been は省略されることもあるらしい。

「えっ、それなら時制分からないじゃん〜」と思うよね。でもそれでいいんだって。分詞構文は結構曖昧な表現であまり厳密さが無いんだけど、シチュエーションで分かる、そんな表現みたい。

英語のニュースとか見てると結構分詞構文は使われてる。特に、書き出しのところで良く見る表現かな。難しいけど、きちんとおさえたいポイント。

「DMM英会話でTOEIC文法対策」レビュー記事一覧
DMM英会話でTOEIC文法対策をやってみた
1. 名詞・冠詞編
2. 代名詞編
ちょっと息抜き
3. 形容詞編
4. 副詞編
5. 比較編
6. 動詞と前置詞編
7. 時制編
8. 助動詞編
9. 受動態編
10. 不定詞・動名詞編
11. 分詞編
分詞編1 一語の場合は前から、二語以上の場合は後ろから修飾
分詞編2 make + 目的語 + 過去分詞で「・・・(目的語)を〜する」
分詞編3 go + 〜ing の場合の行き先は to じゃなくてもいい
分詞編4 go + 〜ing で〜しながら行くと言う意味もある
分詞編5 start の使役動詞的な使い方
分詞編6 主語 + stand + 過去分詞で「・・・(主語)は〜されている状態である」 – DMM英会話でTOEIC文法対策
分詞編7 leave + 目的語 + 分詞で「目的語を〜のままにしておく」
分詞編8 分詞構文
分詞編 まとめ
12. 関係詞編
13. 仮定法編
14. 接続詞編
15. 倒置編
TOEIC文法を2ヶ月続けた感想


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑