日本人が聞き取れない”Can”と”Can’t”

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 日本人の間違い, 英会話


英会話は早くなればなるほど聞き取りづらくなりますが、その中でも紛らわしいのはの”Can”と”Can’t”です。

日本読み的には「キャン」と「キャント」ですが、まず「キャント」の「ト」をハッキリ発音しません。

人によってはどちらも「キャン」に聞こえます。

できると言っているのか、できないと言っているのか、大事なポイントがわからなくなり、会話になりませんよね。

これには聞き分け方があります。

簡単な例をあげます。

“I can eat beef.”

この場合、“can” の存在って大事ですか?

実はあまり重要ではなく、他の単語が重要です。

文脈によりますが、単に食べれられることを強調するなら “eat” が重要ですし、他の誰かが食べれれないことに対して自分は食べられるなら “I” が重要です。

豚肉に対して牛肉は食べられるなら、あとはわかりますね。

英語では、重要なところはゆっくり発音します。
そうで無いところはサッと早く発音します。
この時間がポイントです!

この例の場合、“can” は重要で無いため、サッと言います。
それは日本語で書くと「カン」や「クン」のように聞こえます。

それでは “can’t” はどうでしょう。

“I can’t eat beaf.”

この文では、出来ないということが最重要になります。
当然、文脈によって他の語も強調される場合もありますが、“can’t”“can” よりは重要度が高いです。

そこで “can’t” は「キャン」とか「キャーン」と聞こえます。
その長さは “can” の二倍弱と思っていいかと思います。

慣れが必要ですが、この方法でしっかり “Can”“Can’t” を聞き分けましょう!

ちなみにどうしても分からない時は、自分から確認するのも有効ですが、“can” を使って聞いても堂々巡りになりがちです。

その場合は “be able to” を使うと間違いが少ないです。

“Do you mean you are able to do that or not?”

などと聞くといいでしょう。

また、自分から言う場合は、“can” は「クン」とサッと言うか “will” などで代用しましょう。
“can’t” は使わず “cannot” のようにと「ノット」を強調して言えば間違いが少ないです。

関連記事


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑