レアジョブの無料カウンセリングを受けてみました!


こんにちは!かんなです♪

レアジョブで無料のカウンセリングを受けられるって知ってた?無料体験を受けると2回のカウンセリングを無料で受けられる

レアジョブのカウンセリングでは日本人カウンセラーが勉強の仕方とか悩みの相談にのってくれる。よく他のオンライン英会話では「使い方サポート」で、日本人に相談できるのはあるけど、あれはただの使い方サポート。レアジョブのは、苦労して英語をものにした日本人カウンセラーが英会話の悩みを聞いてくれるので、英会話に関する悩みを理解してくれる。他のオンライン英会話ではあまり無いサービスなので、さすが大手だなと思う。

無料カウンセリング予約

レッスン予約と同じような要領で予約する。ただし、カウンセラーを選ぶことはできないみたい。

利用できる時間は無料体験中か有料かで違う。無料体験中は14:00~24:00(23:30開始)、 有料会員だと14:00~22:00(21:30開始)で使える。有料の方が時間が短いのは謎。

予約は開始30分前までできる。ちなみにキャンセルも開始30分前までできるので、直前に予定が入っても大丈夫。

予約フォームには悩みを書くところがあり、わたしは仕事で英語ができると評価も高いので英会話を勉強したいって書いた。

カウンセリング開始

時間になるとレッスンと同じようにskypeにコールが入る。

カウンセラーは佐藤さん(仮名)。すごく落ち着いた感じの品の良さそうな女性。人生経験豊富で品の良さそうなマダムな感じ。

まずは挨拶と当たり障りのない話。こういったレッスンは初めてですか?とか、コンピュータでのレッスンってどう感じましたか?みたいなことを聞かれた。

次はレベルの確認。わたしはレベル4で初級と中級の間、Low Intermediate。話す時に知ってる内容ならセンテンスで話せるけど、あまり知らないことだと単語になっちゃう、という話をした。

そしたら佐藤さん(加盟)は「センテンスで話せる瞬発力トレーニングをした方がいいと思う」というアドバイスをしてくれた。

勉強法 – レベル4のわたしにおすすめの教材

まずわたしのレベルだと「日常会話基礎」から始めるといいらしい。

日常会話基礎はレベル2-4向けだから、レベル4のわたしはチャプター7からはじめるといいらしい。

この教材の1ユニットは、大体レッスン2回分くらい。1ユニットは演習1〜9で構成されている。

演習1,9はアウトプット、2〜8はインプット向け。

勉強法 – 瞬発力をつけるトレーニング

会話で必要な瞬発力をつけるためには、レッスン前の予習でインプットしておくことが大事。そして、そのインプットは「自分で作る!」

演習1には絵が書いてあって、レッスンの時に絵からイメージできることを英語で話すようになっている。

でもレッスン本番でその場で話すだけじゃまごまごして終わるだけでインプットが弱い。

そこでレッスン前に予習をする。

絵をみて絵の内容を説明する文章を考える。そしてそれを英語で書き出すことが大事なんだって。

はじめから英語でできなければ、まずは日本語で書いて、そのあとに英訳するようにしてもいい。

実際のレッスンでは書いた英文は見ないで話す。見ると意味がない。

すると、はじめは50%位しか話せないんだけど、だんだん話せる量が増えてくる。それは予習で自分が書いた英文がインプットになって、瞬発的に話せる記憶として出来上がってくる

書き出すこと自体はアウトプットだけど、こんな風に瞬発的に話すためのインプットにもなる。

この勉強法は個人的にすごい納得。日本人ってゆっくり書けば書けるんだけど、瞬間的に話せない。それはすぐに引き出せるところにないからだと思う。だって、話す時にいちいち文を組み立てながら話してるから、これは瞬発的には話せてないってことだよね。

ちなみに予習で作る英文は10本位が目安。それに、演習2には覚えるべき単語があるので、この単語を使って英文を作ると、単語も覚えられて一石二鳥なんだって。

演習9もアウトプットなんだけど、これはチャレンジ問題的な位置づけなので、予習はしないでレッスン本番でいきなりやるのがいいらしい。

わたしにはこの勉強法がスゴく納得感があって、多分合っているんだと思う。きっとレベルによっては別の勉強法がいいというのがあるはずで、カウンセリングではこんな風に自分に合う勉強法を教えてもらえる。

なかなか上達しない人は闇雲にレッスンをこなしているだけなのかも。

勉強法 – ディスカッション力も鍛える

基本は上の勉強法でいいんだけど、応用力もつけるために、わたしはたまにディスカッションも入れた方がいいみたい。

ディスカッションって難しそう。時間がなかったのでディスカッションについては詳しいアドバイスを聞けなかった。またカウンセリングをお願いしたいな。
その時もまたカウンセラーは佐藤さん(仮名)を希望します!

質問 – どのくらいの期間が必要か

多分みんなが持ってる疑問「どのくらい続けたら英語を話せるようになんですか?」って聞いてみた。

もちろん今のレベルによるし「話せる」というレベル感も人それぞれなので、すごい難しい質問だと思うけどあえてざっくり聞いてみた。

佐藤さん(仮名)はちょっと考えてたけど、ちゃんと答えてくれた。

英会話はダラダラやらないで集中してやるべき。なので、レッスンは最低でも週3回はやった方がいい。

それ意外にも、日常で英語を考える時間を増やす。わたしだったら、ちょっと思ったこと、考えたことを英語にするとかやるといいみたい。

はじめの一ヶ月位でラーニングサイクルを作るといいと言ってた。ようするに一ヶ月で習慣化させるってことだね。

英語に浸かっている状態を続けられれば、半年くらい結果を自覚できる。自分の中で「変わった」って感覚ができるって。

半年ならできそう!でもダラダラやってたら半年なんてすぐに過ぎちゃうから、ギュッと集中してやらないとね。

質問 – どうやって先生を選んだらいいか

「レアジョブの先生ってすごく多いからどうやって選んだら分からない」って聞いてみた。

佐藤さん(仮名)曰く、音声を聞いて聞き取りやすい人を選んで、あとはいろんな人を試して自分のフィーリングに合う人を何人か見つけるのがいい。

あと、TOEFLに対応している先生は、特殊な訓練を受けていて、フィードバックがうまい傾向があるとも言っていた。これは裏技っぽいね。

修了後にはカウンセリングレポート

終わったらカウンセリングレポートが届く。

カウンセリングで話した私の悩みや目標、佐藤さんに教えてもらった勉強法が一通り簡潔に記載されているので見やすい。

まとめ

カウンセリングは15分くらいって書いてあったけど、実際は20分くらい話してた。内容はぎっしりで全部は書けないくらい。

カウンセラーの佐藤さん(仮名)はプロだね。変な営業してこないし、自分にに合った納得できる勉強法を教えてくれる

無理な勉強法は言わないし、目標に向かって頑張りましょうって、そんな安いことは直接は言わないんだけど、不安なわたしの背中を教えてくれて「やるぞ!」って気持ちになった

この人に英会話を教えてもらいたいと思ったくらい。

改善点としては、事前にカウンセラーのことがわからないので、動画紹介とかあるともっと安心できると思うな。でもカウンセラーの質は全く心配ない。なんかもう何時間も話してたいくらい。佐藤さん(仮名)に人生相談できないかなとか思っちゃう。

無料体験を申し込んでから14日以内なら2回までカウンセリングできる。カウンセリングの時はTOEICの点数とか自分のレベルを客観的に示せるものがあるといい。そういうのが無ければレアジョブの無料体験でレベルチェックをしてからカウンセリング受けるべきだと思う。

14日ってうっかりするとすぐに過ぎちゃうから注意!忘れずに受けるべき。

他のオンライン英会話で迷っている人でも、レアジョブの無料カウンセリングは一回は受けた方がいいよ。どんな手段で英会話をするにしても、絶対参考になるよ!

レアジョブの詳細はこちら >>


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク
Topへ↑