オンライン英会話とか英語教材とかいっぱいあるけど、結局どれが一番いいの?


当然ですが英語は続ける事が重要です。

でも自分に合わないものを続けるのはとても苦痛ですよね。

ここではオンライン英会話、英会話スクール、英会話教材から短期語学留学まで徹底的に比較します。

きっと自分に合った勉強法がきっと見つかりますよ。

忙しい人は手軽に始められるオンライン英会話が絶対オススメ!

オンライン英会話が優れているのは、とにかく手軽な事。

まずSkypeがあればスマホでもできます。

レッスンは直前まで予約可能なところが多いので、忙しい時でも時間の合間を縫って予約できます。

また、料金が安いので話す回数をこなせることもいいですね。

「月額固定料金で、一日一回までレッスンが可能」というような形式になっているところが多く、毎日つづけられれば、一回当たりが割安になる事もモチベーション維持に繋がると思います。

英会話はとにかく継続して話す事が大切です。忙しい時についついさぼりがちになる人にとっては非常にオススメです。

無料体験レッスンがあるところがほとんどなので、英会話初心者の人でも気軽に始められます。

オンライン英会話比較はこちら

オンライン英会話のメリット

  • スマホでできるので場所を選ばない
  • 直前まで予約・キャンセルができるので時間の融通が効く
  • 早朝、深夜にレッスンできるところあり
  • 安い!1レッスン100円代〜。中には100円を切るところも
  • 無料体験レッスンがあるので気軽に始められる

オンライン英会話のデメリット

  • 教師はアジア系で大学生が多いため、英語の発音や教え方の質は個人に依存していることが多い
  • アメリカ人やイギリス人の講師は少ない。いても割高
  • まれに教師側のインフラが十分に整ってなく、通信品質が低い場合がある
  • 小さいスクールではカリキュラムが整ってない

オンライン英会話はこんなひとにオススメ

  • 忙しいビジネスマン
  • あまりお金をかけたくない人
  • 周りに質のいい英会話スクールが無い!という人

オンライン英会話の利用例

  • 平日早朝に英会話をして、その日一日頭がスッキリ!
  • 残業の合間に会議室で英会話
  • 休日に子どもの世話をしながら電話感覚で英会話
  • 無料体験レッスンを使って無料でお試し英会話

オンライン英会話比較はこちら

しっかりしたカリキュラムで安心の英会話スクール

英会話スクールの良いところは教育カリキュラムがしっかりしていることです。

カリキュラムは目的別に分けてつくらてれいるので、例えば文法を強化したいとか、ビジネス英会話を身につけたい等の目的にも対応しています。オンライン英会話でもがんばっているところがありますが、英会話スクールの方がより力を入れています。

フィードバックがしっかりしているので、自分の弱点を認識して効果的に勉強することができます。

また、レベルアップ制度を取り入れているところもあり、上達を客観的に測ることができます。

ただし、一回の契約が高額なため、自分の目的や性格、通いやすいところなのか等、十分な吟味が必要です。

英会話スクール比較はこちら

英会話スクールのメリット

  • 教育カリキュラムがしっかりしているので、全てのレベルの人が安心して勉強に集中できる
  • 毎回のフィードバックが学習記録に積まれて行くので、効果的に弱点克服できる
  • レベルアップ制度で上達を客観的に実感できる
  • アメリカ人、イギリス人などのネイティブ講師が多い

英会話スクールのデメリット

  • 一度の契約が高額。数十万円単位になることも
  • 通学する必要があるため、忙しい人、面倒くさがりの人は長く続かない傾向あり
  • 無料体験レッスンはあるが、その後のアグレッシブな営業は避けられない
    断りきれない性格の人は注意
  • レッスン回数は少なめ。自己学習しないと効果的には伸びない

英会話スクールはこんな人にオススメ

  • 「とにかく英会話をものにするんだ!」という強い意気込みを持っている人
  • ビジネス英会話等特定の領域を勉強したい人
  • より信頼できる教育を受けたいと言う人
  • 安定して時間確保ができる人

英会話スクールの利用例

  • 仕事帰りにスクールに通学
  • 土日の朝にスクールに通って、休日の朝を有効利用
  • ある程度の長期間で定期的に通うことをオススメ
    (例えば半年間の契約期間中、40回までレッスンできるというような契約が多いですが、後半になって一気に消化するのはオススメしません。レッスン間の自主学習も大事です)

英会話スクール比較はこちら

まとまった時間がとれる人はセブ島の短期語学留学がおすすめ

短気留学と聞くと非常に敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、1〜3ヶ月くらいの期間で、比較的割安で提供するところが増えてきました。
今はフィリピンはセブ島周辺での短気英会話がオススメです。

食事と住むところは学校で用意していますので、英語の勉強に集中できます。良い点は、とにかく英語漬けになれることです。朝から晩まで英語のカリキュラムが組まれていて、帰国する頃には自然と物事を英語で考える癖がつきます。

学校によってはスパルタコースと呼ばれる、外出禁止で生活に必要なこと以外は全部英語の勉強というコースもあります。
入ったら最後逃げられませんが、数ヶ月という短期間の間に確実に英語が話せる様になります。

ただし、韓国人が経営している事が多く、食べ物が口に合わないという声も聞きます。最近では日本人経営の学校も増えているので、生活環境を気にする人は事前によく調べましょう。

初めは環境の変化に戸惑うものの、慣れてくると先生との会話も楽しくなってきて、最後まで続けるのはそれほど苦ではありません。

短期語学留学比較はこちら

短期語学留学のメリット

  • 短期間でほぼ確実に英語が話せるようになる
  • 欧米への留学と比べて格安

短期語学留学のデメリット

  • 数ヶ月間拘束されるので、仕事をしながらの通学は不可能
  • 寮に住む事になるので、環境の変化に敏感な人は初めは戸惑うかも
  • 学校によっては劣悪な生活環境だったりする

短期語学留学はこんな人にオススメ

  • 短期間で英語を話せるようになりたい人
  • まとまった時間を取れる人(大学生や、社会人なら休職できる人)
  • 自分で勉強するのが続かない人

短期語学留学の利用例

  • 就活前の大学生が英語力をつけるために、夏休みを利用して短気修学
  • どうしても英語をものにしたいビジネスマンが休職して利用
    (一週間コース等連休を利用して行けるコースもありますが、効果は低いです)

短期語学留学比較はこちら

地道にコツコツ勉強するのが近道、英会話教材

思っていることが瞬時に口から出てこなければ会話になりません。相手が話している事も、一瞬で理解できる必要があります。

そのためには、英語で考える「英語脳」をつくることが重要です。

また、舌や唇等の使い方が正しくないと正しい英語の発音になりません。良いバッティングフォームを身につけるために素振りをするのと同じで、「英語の動き」を身につけることも重要です。

こういった点を伸ばしより高いレベルを目指すのであれば、自主学習のために教材を併用する事をオススメします。

英会話教材比較はこちら

英会話教材のメリット

  • 自分のペースで勉強できる
  • 自分で目的に合った勉強法を選べる

英会話教材のデメリット

  • 自分で勉強するのが苦手な人は続かなくなることも
  • ピンからキリまでいろんな教材があり、自分にあったものを選ぶのが難しい
  • 人と話す練習は別途必要。オンライン英会話等と組み合わせると効果的

英会話教材はこんな人にオススメ

  • オンライン英会話で話す練習はしてるけど、さらに自己学習したい
  • 自分でコツコツ勉強するのが苦にならない
  • あまりお金を掛けたくない

英会話教材比較はこちら 

楽しく英雑談力をつける英会話カフェ

オンライン英会話や英会話スクールと比べると知名度は低いと思いますが、カフェで英語で雑談するというスタイルの英会話カフェというサービスもあります。
ウェブサイトで相手を探してカフェで雑談する形式のものや、スクール内にカフェ的な雰囲気を作っていて、ふらっと行ってそこにいる外国人と話す形式等さまざまです。

対面で雑談をしますので、初めは何を話したらいいか分からず緊張するかもしれませんが、相手が適当に話をふってくれますし、仲良くなれば友達のような関係にもなれます。

相手外国人はネイティブが多いですが、費用は英会話スクールよりは安めで、日常的な英語を話す雰囲気に慣れるのに適しています。

ただし、スクールではありませんので、英語力を上達させるためには別のサービスと併用することをオススメします。

英会話カフェのメリット

  • 比較的安価でネイティブと対面会話ができる
  • 英雑談力がつく(日本人は英語の雑談に触れる機会が少ないので、実は意外に習得が難しい)

英会話カフェのデメリット

  • 体系的な英語学習には向かない
  • 相手によって個人的な相性が分かれる。話が続かない人に当たると本当に苦しい

英会話カフェはこんな人にオススメ

  • 外国人の前でもあがらないようにしたい人
  • 簡単な英語でいいからとにかくネイティブと話してみたい人
  • ある程度英語を勉強してきたが、英雑談力が弱いと思う人

いかがでしょうか。

さまざまな英会話サービスがありますが、しっかり吟味して自分に合うのを見つけましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク
Topへ↑