『DMM英会話』vs『レアジョブ』MBA留学経験者が比較分析!

このエントリーをはてなブックマークに追加

rarejob vs dmm

こんな不安はありませんか?

  • 英会話初心者でも安心してレッスンを受けられるのは?
  • 教材がしっかりしているのは?
  • 講師の質が高いのは?
  • 使いやすくて長く続けられるのは?

そんな疑問に答えるべく、TOEIC300点台からオンライン英会話をはじめて、アメリカMBA留学までした私が、DMM英会話とレアジョブを公平な目線で比較しました。

かれこれ、社会人になってから、留学前に2年、留学して2年、その後2年の合計6年も英語に触れているので、自信を持っておすすめします。

DMM英会話の無料体験レッスンこちら >>

レアジョブの無料体験レッスンはこちら >>

目次

初心者向け無料体験レッスン比較

beginner

初心者にとって、はじめやすい環境というのは何よりも重要ですね。始めてのレッスンは緊張しますし、高いお金を払ったのにいまいちだったらイヤですね。

まず、DMM英会話もレアジョブも2回の無料体験レッスンを受けられます。基本的に無料レッスン回数の違いはありませんね。

しかし、初心者の人でも安心して始められるように、各社それぞれの工夫があります。

ここでは、初心者向けに無料体験レッスンがわかりやすく設計されているかを比較します。

 
DMM英会話
レアジョブ
費用無料無料
回数2回2回
講師初心者向け講師を選択可能無料体験レッスンに特化した講師
教材無料体験レッスン専用教材はないが、入門教材の1,2回目がそれと同等。他にSide by SideやLet's Go等初心者向け教材がそろっている無料体験レッスン専用教材
レベルチェックテストありあり
日本人サポート日本人コンシェルジュに相談できる日本人英語専門家によるカウンセリングを無料で受けられる。(2回まで)

初心者むけ教材が充実しているDMM英会話

DMM英会話では初心者むけの教材が充実しています。

DMM英会話オリジナルの入門教材のほか、世界的に英語学習者に好まれて使われている Side by Side まで無料で使えます。
他のオンライン英会話では Side by Side 等の外部教材は自分で購入する必要がありますが、DMM英会話はこれら教材と提携しているので無料です!世界中の英語学習者が使っているので、初心者でも安心して学習できます。

DMM英会話オリジナルの入門教材については、初めの2回分は自己紹介に関するもので、日本語で説明が書いてあるのでこれさえ見れば、はじめのレッスンでも困る事はないと思います。

初心者へのおすすめ教材は、DMM英会話オリジナルの「入門教材」か提携教材の「Side by Side」です。

講師は「初心者向け」や「日本語サポート」といった条件で選ぶ事ができるので、全くの始めてでもこういった講師を選べば手取り足取り教えてもらえ安心です。

また、DMM英会話には無料コンシェルジュがあり、レッスンの進め方を日本語で聞く事ができます。

さらには、スピーキングテストを受けることもできるので、次回以降自分のレベルに合った教材を選ぶ事もできます。

レアジョブは無料体験専用教材と無料カウンセリング

レアジョブでも、初めの無料体験レッスンでレベルチェックでき、自分のレベルが分かります。その後のレッスンでは、このレベルに合わせた教材を使うので、後のレッスンにとても効果的です。

また、無料体験体験レッスン専用の教材が用意されていてかつ日本語訳も付いているので、進め方がわかりやすく、講師の話が聞き取れなくても何をすればいいか迷うことはありません

講師についても、無料体験レッスンに適した人を選ぶようになっているので、初心者に優しいレッスンを受けられます。

さらに、日本人によるカウンセリングが2回ついてくるので、レッスンの進め方等について日本語で相談できます。

カウンセリングは本来有償ですが、無料体験レッスン同様、2回の無料カウンセリングがついてきます。
(レアジョブのカウンセリングとDMM英会話のコンシェルジュの違いは後で比較します。)

まとめ:初心者には教材やサポートが充実しているDMM英会話が安心かつお得

オンライン英会話が初めてという人には、世界的にも評価が高い教材を使え、サポートが充実して、初心者への対応が上手な講師がいるDMM英会話がおすすめです。

一方レアジョブ英会話は無料体験レッスン専門教材しか選べないため、初めての人にもわかりやすいところはあります。しかし、選びたい人にとってはもう少し選択肢があった方がいいですね。

料金比較

安い

入会金や基本的な月謝の安さ、オプションで発生する料金等を比較します。

入会金はどちらも無料

DMM英会話、レアジョブともに入会金は無料です。

基本プランはDMM英会話が安い

基本的なプランについて、毎日レッスンを受けたとした場合の月謝で安さを比較します。
記載されている価格は全て「税込」です。

 
DMM英会話
レアジョブ
毎日25分4,950円
(160円/1レッスン)
5,800円
(187円/1レッスン)
毎日50分8,200円
(132円/1レッスン)
9,700円
(156円/1レッスン)
毎日75分11,500円
(124円/1レッスン)
なし
毎日100分なし16,000円
(129円/1レッスン)

DMM英会話 vs レアジョブ 1レッスンあたりの料金比較

DMM英会話が安いですね。

DMM英会話は2016年1月2日に料金変更があり、変更前はもっと安かったのですが、変更後でもレアジョブよりも安いと言えるでしょう。

基本月謝についてはDMM英会話が安いです。

オプション費用比較

基本プラン以外になにかしらのオプションを選んだ場合の料金を比較します。

「オプション」という表現はスクール毎に異なりますが、ここでのオプションとは、上記で挙げた基本プラン以外のプランやコースを意味します。

 
DMM英会話
レアジョブ
オプションプラスネイティブプラン
1日1回 15,800円
1日2回 31,200円
1日3回 45,100円
月8回       4,200円
ビジネス英会話   +980円
安心パッケージ    +980円
スピーキングテスト 2,980円

レアジョブは、ビジネス英会話やTOEIC対策、安心パッケージ、スピーキングテストを有償で提供することで、質の高いカリキュラムを提供しています。

DMM英会話には「プラスネイティブプラン」という、ネイティブのレッスンを受けられるオプションがあります。
講師がネイティブなので、よりネイティブの会話にふれ、レベルの高い英語に触れられます。
DMM英会話はもともと教材が豊富でカリキュラムがしっかりしているので、講師の質を選べるようにしているんですね。

まとめ:価格のDMM英会話 より高い質を求めるなら両者オプションあり

料金の安さについてはDMM英会話の方が安くおすすめです。

一方でDMM英会話もレアジョブもより高い質を求めるならば、オプションを選択できます。

DMM英会話の無料体験レッスンこちら >>

レアジョブの無料体験レッスンはこちら >>

支払はクレジットカードです。クレジットカードを持ってない方は、今キャンペーンで最大8,000円分のキャッシュバックがある三井住友VISAカードがおすすめです。
学生向けのお得なカードもありますよ。

講師の比較

tutors

DMM英会話もレアジョブも大規模オンライン英会話スクールでいろんな講師を抱えています。その講師の人数や品質を徹底比較しましょう!

DMM英会話は世界60ヶ国の講師陣

DMM英会話の特徴は、世界60ケ国から講師を集めている点です。フィリピン人も多いですが、セルビアやルーマニアなどの国の講師が多いです。ネイティブ講師は人気が高く、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスなどの講師がレッスンしてくれます。ネイティブ講師のレッスンを優先的に予約できる、プラスネイティブコースもあります。

講師の文化的な背景が国によって異なるので、色々な異文化に触れたい方には良い環境だと思います。フィリピンは女性講師が多いですが、国によっては男性講師の比率が多いところがあるのも面白い違いです。英会話は欧米人から習いたいという方へはDMM英会話はおすすめです。

また、社会人が生業として英会話講師をしている人も多いため、経験豊かな講師の安心できるレッスンを受けられるのも大きいと思います。

レアジョブはほぼ全員がフィリピン人

レアジョブは全員がフィリピン人と思って良いでしょう。

レアジョブはサービス開始とともに名門フィリピン大学の講師を集めることに成功し、平均的に講師の教養レベルは高いです。フィリピンは近年英語教育に力を入れているので、若い人は訛りを感じない英語を話しますが、年齢が上がると人によるところが大きくなります。(最近はどこの国でもその傾向はありますが)

レアジョブはフィリピン大学在校生・卒業生を一定数確保しています。これは創設当時からフィリピン大学の講師を採用するよう力を入れてきた結果です。フィリピン大学はフィリピンではTOP校なので、講師の人となりは安心できる高いレベルです。

講師の人数はほぼ同じ

レアジョブは言わずと知れた大規模スクールで、圧倒的な講師数を抱えています。総講師人数は4,000人を越えると言われています。このうち全員が常にレッスンを受け付けている訳ではありませんが、大体500人以上はレッスンを受け付けているようです。

DMM英会話もレアジョブに負けず、5,000人以上が在籍していると言われていますが、レッスンを受け付けている講師は大体500人程度のようで、実態はレアジョブとDMM英会話は同じくらいです。

DMM英会話は後発のスクールなので、これからの伸びに期待できそうです。

まとめ:多国籍で経験豊かなDMM英会話の講師陣

DMM英会話はいろいろな国の講師とコミュニケーションできるので、異文化に触れられる良い環境です。ネイティブ講師がいるのもうれしいですね。

講師数はややレアジョブが多いですがほとんど違いは無いと思っていいでしょう。

DMM英会話の無料体験レッスンこちら >>

講師検索システムの使いやすさ比較

DMM英会話もレアジョブもたくさんの講師のなかから検索するので、どちらも検索システムが使いやすいです。

講師検索システムを徹底比較しましょう。

 
DMM英会話
レアジョブ
国籍60以上の国から選択
(ただし、講師が不在の国もある)
なし
年齢10歳刻みで指定可能1歳刻みで指定可能
性別選択可選択可
日本語以下から選択
・指定無し
・日本語サポート
以下から選択
・指定無し
・簡単な会話が可能
・日常会話が可能
学科なし64の学科から選択
フリーワード検索講師紹介文・生徒評価から検索できる講師紹介文の中から検索できる
特徴・日本語サポート
・講師歴3年以上
・TOEIC対応
・ビジネス英会話
・キッズ向け
・初心者向け
・上級者向け
・スピーキングテスト対応
・数学英語対応
・IELTS対応
・Let's Go対応
・英検®対応
・メディカル英語対応
・ネイティブ講師
以下から選択
・フィリピン大学在学・卒業
・TOEIC教材使用多め
・初心者・初級者向き
・ビデオレッスン多め
・Side by Sideを使用
・TOEFLスピーキング対応
表示順以下から選択
・評価順
・おすすめ順
・新着順
以下から選択
・新着順
・講師歴順
・人気順
ブックマークお気に入り登録が可能。ブックマークが可能。
嫌な講師を非表示にすることができる。
講師紹介文英語の他、日本人スタッフによる日本語の紹介、生徒からのコメントあり基本的に英語のみ
講師紹介音声・ビデオ基本的にビデオありだが、音声・ビデオが無い講師もいる全員音声あり
予約時のレッスンリクエスト・レッスン内容・教材
・文法や発音を間違えた時の指摘
・分からない単語があった時の対応
・自由記入
・講師欠席の場合の指定(レッスンチケットか、代替講師か)
・レッスン内容・教材
・レッスンの進め方(自分が話す時間を多め等)
・文法や発音を間違えた時の指摘
・自由記入

DMM英会話もレアジョブもほとんど同じ感じの検索システムかなと思いますが、違いもありますね。

DMM英会話は「講師紹介文」が充実

レアジョブでは、講師が自分で書いた紹介文しかありませんが、DMM英会話では自分で書いた紹介文の他に、日本人スタッフが書いた日本語の紹介文があります。自分の趣味などと同じ講師を探しやすいので、気が合う人を見つけやすいです。

さらに、DMM英会話では生徒からのコメントを読む事ができるので、実際のレッスンの様子をイメージしながら検索することができます。ここはDMMが大きなリードですね。

「講師紹介音声・ビデオ」は微妙な勝敗

「講師紹介音声・ビデオ」についても違いがありますが、微妙な勝敗です。

DMM英会話はビデオ紹介があるので、より講師の雰囲気が分かるのですが、ビデオも音声も無い講師が結構います。そのため、どんな英語を話すのか分からない講師はちょっと敬遠してしまいそうです。

一方でレアジョブは基本的に全員音声紹介があります。しかし、ビデオは弱く、講師の微妙な雰囲気は実際レッスンを受けてみないと分かりません。

ということで微妙な勝敗です。

「国籍」で選択できるDMM英会話 「学科」で選べるレアジョブ

DMM英会話はフィリピン人以外の国の講師もいるので、国籍で選べますが、レアジョブは基本的にフィリピン人講師なので、国籍では選べません。

逆にレアジョブは「学科」で選ぶ事ができますが、DMM英会話にはありません。

「学科」というのはつまり大学での専攻なのですが、講師のバックグラウンドの専門性が分かるので、ある程度参考になるかと思います。

例えば会計英語を勉強している人は、会計学専攻の人を選んだりする事ができます。

細かく年齢指定できるレアジョブ DMM英会話はざっくり

指定できる「年齢」の細かさが違います。

レアジョブは1歳刻みで指定できます。例えば自分と同じ年齢の25歳の講師を探す事もできます。

DMM英会話では10代や20代のように、10歳刻みでしか指定できません。20代と言っても、20歳と29歳はだいぶ違いますから、ちょっとざっくりしすぎているかなと思います。

まとめ:総合的に使いやすい検索システムはDMM英会話 レアジョブは年齢など細かい指定が可能

総合的に見ると、講師紹介文が充実しているDMM英会話の方が講師検索システムとしては親切で使いやすいと思います。

レアジョブは講師紹介文は弱いですが、「学科」や「年齢」等で細かい指定ができる点がうれしいですね。

DMM英会話の無料体験レッスンこちら >>

予約システムの使いやすさ比較

講師検索システムの比較では、単純に講師を選ぶという観点での使いやすさを比較したのに対し、予約システムでは予約やキャンセルのしやすさ、予定の管理のしやすさ等を比較します

 
DMM英会話
レアジョブ
レッスン時間帯24時間朝6時から夜25時まで
予約可能時間レッスン開始15分前までレッスン開始5分前まで
キャンセル可能時間レッスン開始30分前までレッスン開始30分前まで
予約可能数レッスン可能数が上限レッスン可能数が上限
講師都合のキャンセル振替レッスンチケット発行、又は、代替講師による代講
予約時にどちらが良いかを設定できる。
振替レッスンチケット発行、又は、代替講師による代講
振替レッスンチケット有効期限発行日から30日休会・退会まで
スマホアプリAndroidアプリで講師検索、レッスン予約が可能Androidアプリで講師検索、レッスン予約が可能
カレンダー同期なしGoogle カレンダーと同期可能

DMM英会話は24時間対応

DMM英会話は24時間いつでもレッスンを受ける事ができます。世界中にいる講師を採用しているので、時差を使った利点ですね。一方でレアジョブは早朝6時から深夜1時までです。それでも十分だとは思いますが、特に不規則なライフスタイルの方に取手は、いつでも受けられるDMM英会話の方がよいですね。

レアジョブは5分前ギリギリまで予約可能

レアジョブはレッスン開始5分前まで予約できるので、ギリギリでも予約できるのがうれしいですね。

DMM英会話もレッスン開始15分前までできるので、レアジョブよりそれほど劣らないですが。

レアジョブは振替チケットの有効期間が長い

講師都合でレッスンを受けられない場合、レアジョブもDMM英会話も、レッスン振替か違う講師の代講になります。

レアジョブは代講の連絡がレッスン直前に来て、そこで代講にするかどうかを選ぶののに対し、DMM英会話は予約の時に事前にどちらがいいか選択できます。

振替レッスンチケットの有効日が違い、レアジョブは契約期間中はいつまでも使えるのですが、DMM英会話は発行から30日までです。

DMM英会話の振替チケットは、ちょっと気を抜くと失効してしまいそうなので気をつけましょう。

どちらもAndroidアプリ対応

レアジョブもDMM英会話もどちらもAndroidアプリがありますが、iPhoneアプリはありません。

iPhoneアプリ欲しいですね。

Googleカレンダー同期できるレアジョブ

レアジョブはGoogleカレンダーと同期できるのが結構便利です。

今やGoogleカレンダーは様々なカレンダーと同期できるので、いつも自分が使っているカレンダー上でレアジョブの予定を載せて管理できます。

DMM英会話にはGoogleカレンダー同期はないですね。

まとめ:DMMは24時間レッスン可能 レアジョブは細かいところで予約システムが使いやすい

DMM英会話は24時間対応なので、不規則な時間にレッスンを受けたい人はかなり使いやすいと思います。

一方で、その他の予約システムとしては、それほど大きな違いではないのですが、予約可能時間や、チケット有効期間、Googleカレンダー同期等、レアジョブの予約システムの方が細かい点で便利でしょう。

DMM英会話の無料体験レッスンこちら >>

教材比較

教材の種類や数を徹底比較します。一目瞭然なので、まずは並べて比較してみましょう。

 
DMM英会話
回数
レアジョブ
回数
無料体験(好きなものから選択可能)-無料体験レッスン用教材1
補助用iKnowが無料で利用可能-自己紹介用テキスト-
レッスンで使える表現集-
会話基本の会話10レアジョブ入門教材 初級10
日常会話(初級)100日常会話 基礎120
日常会話(初級)復習教材10会話教材 初級(新版)75
日常会話(中級)70会話教材 中級90
日常会話(中級)復習教材7会話教材 上級30
Side by Side 158Conversataion Questions-
Side by Side 255
Side by Side 359
Side by Side 467
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング79
スラスラ話すための瞬間英作文
シャッフルトレーニング
100
おかわり!どんどん話すための
瞬間英作文トレーニング
71
おかわり!スラスラ話すための
瞬間英作文シャッフルトレーニング
70
ポンポン話すための瞬間英作文
パターン・プラクティス
75
絶対『英語の耳』になる!
ビジネス英語リスニング
難関トレーニング50
50
絶対『英語の耳』になる!
旅する英語リスニング
シーン別トレーニング50
50
絶対『英語の耳』になる!
クールなネイティヴ英語で鍛える!
口語表現&スラング・リスニング200
43
バーダマン先生のリアルな英会話フレーズ115
洗練された会話のための英語表現集67
ディス
カッション
ディスカッション84BEGINNER NEWS ARTICLE30
デイリーニュース初級編随時更新DAILY NEWS ARTICLE随時更新
デイリーニュース随時更新DAILY NEWS ARTICLE
リスニング音声
随時更新
テーマ別ディスカッション170
雑談用のお題444
読みもの短編小説44
偉人のスピーチ13
世界の文学152
語彙ボキャブラリー182
発音発音84発音教材24
文法文法83文法教材 初級62
Basic English Grammar (Azar-Hagen)133文法教材 中級198
専門用語算数の英語20
メディカル英語30
英検英検®3級二次試験・面接予想問題7
英検®準2級二次試験・面接予想問題10
英検®2級二次試験・面接予想問題10
英検®準1級二次試験・面接予想問題14
英検® 5級予想問題ドリル 改訂新版27
英検® 4級予想問題ドリル 改訂新版39
英検® 3級予想問題ドリル 改訂新版39
英検® 準2級予想問題ドリル 改訂新版46
英検® 2級予想問題ドリル 改訂新版46
英検® 準1級予想問題ドリル 改訂新版53
TOEICTOEIC® TESTリーディング
はじめの一歩
27TOEIC教材 初級200
TOEIC® TEST英文法完全バイブル問題集55TOEIC教材 中級200
IELTSIELTSスピーキング対策30
TOEFLTOEFLスピーキングレッスン-
旅行トラベル / 文化12トラベル英会話30
PASSPORT 125
PASSPORT 225
PASSPORT Plus26
PASSPORT to New Places25
キッズキッズ50外部サイト-
Let’s Go: Let’s Begin36
Let’s Go 137
Let’s Go 237
Let’s Go 337
Let’s Go 437
Let’s Go 537
Let’s Go 637
ビジネスビジネス82ビジネススターター30
PASSPORT to Work20RareJob For Business 初級48-96
シーン別 本当に使える実践ビジネス英語59RareJob For Business 中級48-96
働く女性の英語術33RareJob For Business 上級48-96
働く女性の英語術230
マンガ・絵写真描写(初級)50
写真描写(中級)70
写真描写(上級)10
ブラックジャックによろしく161
バンクーバー発!
4コマ漫画で体感するから身につく
ほんとに使えるリアルな英語フレーズ
46
テストスピーキングテスト20(非公開)

DMM英会話は教材の種類が豊富!

DMM英会話は独自教材が豊富ですが、さらに外部の教材を無料で利用できるので、その分様々な英会話教材が充実しています。合計4000回分を越える教材があります。

また、有名なマンガ「ブラックジャックによろしく」や、世界的に定評のある「Side By Side」や同じくキッズ向けとして世界で愛されている「Let’s Go」も無料で使えます。
レアジョブでも、Side By Sideを使えますが、レアジョブは実費で購入が必要です。DMMはこれらの外部の教材を無料で使えるのがいいですね。

さらにDMM英会話は iknow が無料で使える!

DMM英会話の有料会員になれば、iknowを無料で使えます。iknow はスマホなどでゲーム感覚で使え、脳科学に基づき記憶が定着するタイミングで問題を出してくれる人気の英語学習アプリです。

通常一ヶ月1,480円程かかってしまうものが、DMM英会話の有料会員になると無料で使えます。これはうれしいですね。

レアジョブは試験対策、ビジネス対策が豊富

レアジョブは会話教材も十分ありますが、DMM英会話と比較すると数は少なめです。

しかし、TOEICやTOEFL等の試験対策、ビジネス対策の教材が充実しているので、より専門性の高い教材が用意されていると言えるでしょう。

まとめ:教材の種類が豊富なのはDMM英会話 ビジネスはレアジョブが強い

会話に強い、iknow が使えるDMM英会話、資格・ビジネスに強いレアジョブという違いはありますが、どちらも十分な種類と量の教材が用意されていると考えてよいでしょう。

DMM英会話の無料体験レッスンこちら >>

カリキュラム比較

ここではカリキュラムということで、利用できるコースについて比較していきましょう。

有償高品質のレアジョブ

料金のところでも少し触れましたが、レアジョブは日常英会話コースビジネス英会話コースTOEIC対策コースと分かれています。

ビジネス英会話コースのカリキュラムは一橋大の国際企業戦略研究科が監修していて、現場で活かせる英語を学べるようになってます。

講師はビジネスの経験がある人も採用していますし、教材も日常英会話コースとは違う専用のものを使います。

専門性が高いため、ビジネスコースでは月々980円の追加料金がありますが、安さよりも品質を重視した結果でしょう。

ちなみに、日常英会話コースにもかんたんなビジネス英語やTOEIC対策向けの教材は用意されていて、一般の講師から受講することはできます。

ただし日常英会話コースでは専門性はやや落ちるので、一気に差を付けたい人はレアジョブの専門のコースがよいでしょう

DMM英会話は無償・低価格でサービス充実

DMM英会話には専門コースがなく、ビジネスもTOEICもいわゆる基本プランで対応しています。

しかし、TOEICの外部教材やSide By Side等の他のオンライン英会話ではお金がかかってしまう物を無料で使えるのでかなりお得です。人間工学に則って効率よく学習できる iKnow も、何と無料で使えるので素晴らしいですね。

ビジネス英会話に関しても、実際の場で使えるかしこまった表現などの教材も充実しています。社会経験が豊富な講師ならばビジネス上のマナーなども踏まえて教えてくれます。

その他に、海外の文化についてや、フランクな表現を学んだり、英検などの試験対策の教材があったりとかなり充実度は高いと思います。

まとめ:レアジョブは有償で専門性高い

総合すると、少々お金を払ってでも専門性の高いカリキュラムを用意しているレアジョブを選ぶか、低価格でカリキュラムの選択肢が多いDMM英会話を選ぶか、になります。

レアジョブの有償の教材は、有償なだけありよくできていますが、DMM英会話も精力的にどんどんとサービスを追加しているので、これからも注目です。

キッズ向けレッスンの比較

DMM英会話もレアジョブ共に、キッズ向けのレッスンがあり、小さなお子さまでもレッスンを受けることができます。

世界的に有名なLet’s Goシリーズを無料で使えるDMM英会話

DMMは提携教材である Let’s Go シリーズを無料で使えます。Let’s Goは世界100ヶ国以上で使われている人気教材です。他の英会話スクールでは購入必須なので、DMMはお得ですね。
また、「親子で参加!Let’s Go 英会話教室」等のイベントを開催していて、お子さまや親御さんが抵抗なく英会話を始められるような取り組みもしています。Skypeのアカウントの作り方から、先生の予約の仕方等レッスンのやり方を教えてくれるので参考になりますよ。
Let’s Go の共著者の方が来てくれるので使い方を聞いたりもできます。有名な方なので、レアな体験ができます。
ちなみにDMM英会話では年齢制限がないので0歳からでもレッスンできます。本当に小さなお子さまの場合は、会話は難しいので、読み聞かせをしたりします。

独自の教材が無いレアジョブ

レアジョブは、キッズ向けの教材は作っておらず、外部のフリーの教材を使うようすすめています。キッズ向けの受講ガイドがあり、年齢別にどういった教材がいいか記載があります。
レアジョブは4歳以上という制限があります。

まとめ:DMM英会話が教材・サポート共にキッズ対応が充実

DMM英会話はキッズ英会話の教材やサポートが充実しています。お子さまに英会話を習わせたいという方はDMM英会話がよいでしょう。

DMM英会話の無料体験レッスンこちら >>

レベルチェックテストの比較

英会話の能力は読み書きと比べて計測しにくく、自分でもどの位のレベルなのか、または、どの位上達したのかわかりにくいものです。

最近はレベルチェックを行うオンライン英会話スクールが増えてますが、レアジョブとDMM英会話も英会話力を測るテストを実施していますので比較してみましょう。

 
DMM英会話
レアジョブ
簡易テストスピーキングテスト。無料。
合計10回分が用意されている。
レッスン中に即時に結果が分かる。
講師に評価のバラツキを抑えるために、毎回同じ講師を選ぶ事をおすすめ。
レベルチェックテスト。無料。
無料体験時に受験可能。1人1回まで。
最大10問程度の簡単なテストで、レッスン直後に結果が分かる。
レベルの更新は下記スピーキングテストで行う。
本格テストなしスピーキングテスト。
発音・文法・リスニングも評価
CEFR-Jを基にした評価。
最大4人の試験官が採点。約10日後に結果が分かる。
対象l。
1回2,980円の本格的なテスト。安心パッケージに入れば1回980円に割引。

簡易テストはどちらも実施

DMM英会話もレアジョブも簡単なレベルチェックテストを実施してます。

レッスン中にテストを受け、その場で結果が分かる簡単なものです。簡易的なもので、評価は先生によるところが大きいので、多少のばらつきがあることに注意しましょう。
DMM英会話もレアジョブも無料ですが、微妙に違いがあります。

DMM英会話では、合計10回分用意されています。講師による評価のばらつきを防ぐために、同じ講師にチェックしてもらうのが良いでしょう。

レアジョブのレベルチェックテストは、無料体験レッスン時に受けるもので、1人一回だけの受験です。

有償会員になった後は受けられないので注意しましょう。

レアジョブは本格的なスピーキングテストを受けられる

レアジョブはスピーキングテストというサービスを有償で実施しています。

有償なだけに、CERF-Jという国際的な評価基準を基にしていて、かつ、採点は最大四人の講師が行い評価のばらつきを防ぐという徹底ぶりです。

しっかりと作り込まれたテストなので安心感があります。

そのため料金は一回2,980円かかりますが、専門の講師が4人でチェックするのでその位は妥当でしょう。

実は、安心感パッケージに申し込むと割引になり一回980円になります。

定期的にテストを受けるのであれば、安心パッケージへの申し込みは必須です。

まとめ:手軽に何度も受けられるDMM英会話 有償高品質のレアジョブ

DMM英会話では、無料で最低でも10回はテストを受けることができるのがお手頃でいいですね。ただし、ある程度の評価のバラツキが出る事に注意が必要です。

レアジョブでは有償ですがしっかりしたテストを受験できるので、自分のレベルや上達度合いを測るのには良いでしょう。安心パッケージに入ると安くなるので要チェックです。

DMM英会話の無料体験レッスンこちら >>

通話の安定性比較

Skypeによる通話の品質はインターネット回線の品質に大きく依存します。

日本は高速インターネットが普及していて安定もしているので、通話品質は講師側のインターネット環境に依存します。

DMM英会話ではオフィス利用も多い

DMM英会話では多くの講師がフィリピンですが、オフィスと自宅の両方のケースがあり、講師紹介のページでチェックできます。自宅に比べオフィスの方が設備がよいので、通話品質を気にする方はオフィス利用の講師を選ぶと良いでしょう。

フィリピン以外の国では、基本的に自宅からの接続のようです。

在宅が多いレアジョブ

レアジョブは全ての講師がフィリピンですが、9割以上は自宅からレッスンしています。誰がオフィス勤務かは分かりません。

フィリピンではだいぶインフラ整備が進んでいるものの、一定量の割合で通話品質が悪くなり、レッスンにならないことがあります。この場合は振替レッスンチケットがもらえます。

まとめ:オフィス勤務が分かるDMM英会話の方が親切

通話品質そのものはスクールによるものではありませんが、講師の勤務場所が自宅なのかオフィスなのかが分かるDMM英会話の方が親切ですね。

サポート比較

学習法に関して相談できるサポートと、講師と通話ができない等のテクニカルな相談ができるサポートがあるのでそれぞれ徹底比較します。

 
DMM英会話
レアジョブ
学習法サポート「日本人によるコンシェルジュ」
オンライン英会話が初めての方向けのサポート。
日本人コンシェルジュによるサポート。
初めてのレッスンでどの講師を選んだらいいか分からない、レッスンの仕方が分からない、という人向け。
無料で10分程度。
「日本人によるカウンセリング」
英語上達のための継続的な英語サポート。
英語を極めた日本人によるカウンセリング。
テスト結果をもとに学習成果を振り返り、次へと活かす。
TOEICやテスト対策の相談も可能。
有料で月々980円追加料金発生。
テクニカルサポートSkypeでのサポート。平日18時〜25時。
土日9時〜12時、18時〜25時。
メールも可。
Skypeでのサポート。18時〜22時。
メールも可。

DMM英会話は日本人による初心者向けサポート

DMM英会話ではコンシェルジュというサービスを受けられます。

基本的にオンライン英会話がはじめてという人に、10分程度で講師の選び方やレッスンの流れを教えてくれます。

レッスンと同様にサイトから予約をするのですが、無料ということもあってか、当日の予約は難しい印象があります。数日待てば予約できます。

レアジョブは英語力向上のための継続カウンセリング

英会話学習界隈一般的に、ただ英会話の時間を増やせば良いというのは今ではあまり言われなくなり、学習成果を振り返って次に生かす効果的なやり方が主流です。

街中英会話スクールではカウンセリングは当たり前ですよね。

レアジョブでは英語を苦労して極めた日本人によるカウンセリングを受けられ、生徒の悩みや、気づいていない落とし穴などを生徒が自己認識できます。

自分の弱いところを伸ばして、実際に使える英会話を身につけられるよう、カウンセラーに勉強法を相談できます。

スピーキングテストの結果や、TOEIC等の外部の試験の結果を共有して、目標に合わせた勉強法を教えてもらえる、継続向上を狙った本格的なカウンセリングです。

本格的なカウンセリングなので有料です。安心パッケージ(月々980円追加)に申し込む事で、定期的にカウンセリングを受けられます

テクニカルサポートは同じ

テクニカルサポートはDMM英会話の方が対応時間が長く安心できます。

対応時間内であればSkypeで通話かメッセージ送信できます。

それ以外であればメールでの問い合わせになります。

まとめ:本格カウンセリングのレアジョブ

まとめると、レアジョブのサポートは英語上達のための継続的なカウンセリングでおすすめです。DMM英会話の方ははじめての人向けのサポートという位置づけです。

レアジョブのカウンセリングは有料ですが、英語力を伸ばしたい人にはカウンセリングは効果的だと思います。

DMM英会話の無料体験レッスンこちら >>

休会・退会の比較

やめる時に面倒なのはちょっといやですよね。休会・退会の手続きや仕組みを徹底比較します。微妙に休会・退会・完全退会等呼び方が異なるので注意してください。

 
 
DMM英会話
レアジョブ
一次休止呼び方退会休会
費用なしなし
期限次回支払の前日まで次回支払いの2日前まで
手続きウェブサイト左側にある「解約」から手続き。ウェブサイトの「設定・手続き」から休会処理。
データ削除登録データは削除されず、再入会可能。登録データは削除されず、再入会可能。
申請後のレッスン有効期限日まで有効次回支払日の前日まで可能
一次休止からの再開呼び方再入会再開
費用なしなし
期限なしなし
手続きウェブサイト左上にある「料金コース選択」から手続き。ウェブサイトの「設定・手続き」から再開処理。
データ引き継ぎ退会前のレッスン履歴等を引き継ぐ。休会前のレッスン履歴などを引き継ぐ。
振替チケット繰り越し利用可能。ただし、そもそも振替チケットの有効期限は30日なので注意。休会から90日以内なら繰り越し利用可能。
止める呼び方完全退会退会
費用なしなし
期限なしなし
手続きページ右上のマイページから「お客様情報」をクリック。ページ左下の「MyDMMの完全退会」から手続き。休会後、問い合わせフォームから連絡
データ削除データは削除される。データは削除される。
その他DMMの他のサービスを含めて退会し、全データを削除する。
完全退会後、同じSkypeIDで再登録は不可能。
なし

DMM英会話もレアジョブも一次休止は自由

DMM英会話もレアジョブも、一次休止は自由にできます

一次休止中はレッスン履歴等のデータが残り、維持費などの費用は発生しません

再開したい場合も、再開の費用などはかかりません

レアジョブは90日以内の再開なら振替チケットが使える

レアジョブは90日以内の再開なら、休会前の振替チケットを使えます。90日経過すると、振替チケットは失効します。

DMM英会話は振替チケットをくりこせるのですが、そもそもの有効期限が30日間なので、休会から30日以上経つと失効します。

DMM英会話の完全退会は全DMMサービスからの退会

DMM英会話のレッスン履歴等を削除したい場合、「完全退会」手続きを行いますが、これは他のDMMサービスを含めた退会なので注意が必要です。

DMM英会話の登録情報だけを消すことはできません。

まとめ:レアジョブの方がやや融通効く

総合すると、振替チケットの有効期間が長く、他のサービスの影響を受けないレアジョブの方が若干融通が効きますね。

ただし、レアジョブもDMM英会話も追加費用なく休会できるので、気軽に始めて気軽に休むことができます。

人気オンライン英会話の総合評価

ここまでの比較結果を一覧にしました。

比較が難しく個人的な意見ではありますが、優れている方を○にしています。

優劣がつけられないところは△です。

 
DMM英会話
レアジョブ
ひとことコメント
無料体験レッスン比較×DMM英会話:初心者向け教材が充実
料金比較×DMM英会話:安くて充実したレッスン!
講師の比較×DMM英会話:国際的で経験が豊富な講師陣
講師検索システムの使いやすさ比較×DMM英会話:講師紹介文や生徒のコメントが充実
予約システムの使いやすさ比較DMM英会話:24時間いつでもレッスン可能!
レアジョブ:Googleカレンダー等細かい点で便利
教材比較×DMM英会話:提携教材などが充実で初心者からビジネスまで広く対応
カリキュラム比較×レアジョブ:有償プレミアムレッスンはビジネス・TOEIC向け等専門性高い
キッズ向けレッスンの比較×DMM英会話:Let's Goシリーズを無料で使える。サポートも充実。
テストの比較×レアジョブ:有償だが質の高いテスト
通話の安定性比較×DMM英会話:通話品質が高いオフィス利用講師が分かる
サポート比較×レアジョブ:英語向上のための日本人によるカウンセリング
休会・退会の比較×レアジョブ:振替チケットの有効期限が長く融通が効く

総合的な比較をするとこのように言えると思います。

 
DMM英会話
レアジョブ
総合評価低価格オンライン英会話のなかでも、さらに格安。
国際色豊かな講師人により、異文化の学習にも繋がる。
提携教材やiKnow無料提供等多彩なサービス。
低価格ながら、高い品質のサービスを提供。
継続的な英語力向上に力を入れている。
細かいところで痒いところに手が届くシステム。

全体的に、「低価格でサービス充実しているDMM英会話」「ビジネスなど専門分野を狙うレアジョブ」という傾向があります。

「結局どちらがいいのか?」と聞かれたら、私はDMM英会話をおすすめします。社会人になって6年間英語を学習してきた私がすすめるので自信があります。

たとえ英語力があったとしても、いろいろな外国の人と話した経験がないと実際の会話が成り立たないことがあります。いろいろな国の講師と話せるDMM英会話は非常におすすめです。

また、英語は単語に始まり単語に終わるとも言われています。DMM英会話では単語を効率よく覚えられるiKnowを無料で使えるので、その点でもメリットは大きいと思います。

レアジョブも悪くはないですが、「フィリピン人講師のみ」なのが一番のネックです。

DMM英会話は自信を持っておすすめするので、英会話をはじめようとしている人にもいいですよ。まずは無料の体験レッスンで雰囲気をみてみてはいかがでしょうか。

DMM英会話無料体験はこちら >>


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク
Topへ↑