Rの発音がすぐに上手くなる人と一生上手くならない人の違い

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 発音


mouth

Rは非常に英語っぽい発音であり、Rの発音が上手な日本人は英語が話せる人っぽく聞こえます。でもRの発音が上手く出来ている人は少ないですよね。

Rの発音が難しいのはなぜでしょうか?

  • 日本語にはない発音
  • LとRが混同しやすい

どちらも正しいのですが、本質を取り逃しているのでこの理解のままだと絶対上手くなりません!

Rの発音の誤解

「Rは ”Wの口から始まり舌を上あごにつけないラ行” の音に近い」とか言っている人がいますが、誤解を招くのでやめて欲しいです。

それは子音としてのRの話で、母音としてのRを無視しています。

LとRの違いがわからない、というのも子音の話です。

子音と母音を完全に分けていて、かつRを子音として使っている日本語(ラ行のこと)からしてみると、Rは母音もあるということが理解されず、間違った発音の理解へとつながっています。

Rの母音と子音の違いを理解して正しく練習する事が大事です。

母音としてのR

実はこの音をそれっぽく言えると英語っぽく聞こえます。

具体的な例として分かりやすいのは語尾の-erですね。player や her などです。earth の”ear-“もそうです。

発音の仕方は English Central の動画が分かりやすいです。

母音Rの発音 – English Central

子音としてのR

right や hurry 等がそれにあたります。

こちらも English Central を参考に練習してみてください。

子音Rの発音 – English Central

まとめ

いかがでしょうか?母音と子音のRは結構ちがいますよね。

L/Rの違いで言われる子音だけではなく、母音にも気をつけて発音練習して、よりネイティブっぽい英語を目指しましょう!

関連記事


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑