フォルクスワーゲンの不正に学ぶ英語

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 ニュース


フォルクスワーゲンの排気量不正が問題になってますね。

ディーゼル規制の厳しい国向けのモデルを中心に、ディーゼルエンジンの排気量を不正にコントロールするソフトウェアが入っていたようですね。

ところでこのニュースは英語ではどのように報道されているのでしょう。

CNNから引用して見てみましょう。

Volkswagen scandal widens

Volkswagen is being engulfed by a growing crisis over its attempt to make millions of diesel cars appear cleaner than they are.

題名と初めの文章だけです。

英語の記事を読まない人にとって結構読みづらいのではないでしょうか?

題名は短く簡潔に書くため、分かり易そうで結構分かり難かったりします。今回は結構優しいですが。

widen は wide の動詞系で広がるという意味です。

Volkswagen scandal widensは「フォルクスワーゲンのスキャンダルが拡大」みたいな感じでしょうか。

本文も修飾が多くて難しいですね。わかりやすく区切って読みましょう。

Volkswagen is being engulfed / by a growing crisis / over its attempt / to make millions of diesel cars appear cleaner / than they are.

“Volkswagen is being engulfed”

engulf は不快なものに襲われるとか取り囲まれるという意味です。「フォルクスワーゲンはひどい目にあっている」くらいの意味です。

“by a growing crisis”

crisis は危機や重大局面という意味です。「大きくなりつつある問題によって」とかですね。

“over its attempt”

over は前置詞で、覆い被さる、越えてというニュアンスですが、about や on のようにも使えます。on がその話題について、about がその話題と周辺も含めて、over はさらにその話題と周辺を広く捉えたイメージです。its は Volkswagen ですね。「フォルクスワーゲンの試みを巡る」という感じです。

“to make millions of diesel cars appear cleaner”

make は使役動詞、で 「millions of diesel cars を cleaner に appear するため」つまり「ディーゼルカーをよりクリーンに見せるため」という感じです。

“than they are”

they は millions of diesel cars で「ディーゼルカーがが本来そうである以上に」という感じです。

並べるとこの様になります。

「フォルクスワーゲンはひどい目にあっている」「大きくなりつつある問題によって」「フォルクスワーゲンの試みを巡る」「ディーゼルカーをよりクリーンに見せるため」「そのディーゼルカーがが本来そうである以上に」

あえて日本語順に並べ替えることはしません。英語の語順で理解しましょう。その方が英語が自然と頭に入ってきますよ。

関連記事


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑