「おいしい」を英語で言うと “delicious” ではない!?

公開日: : 日常英会話


英語で「おいしい」と言いたい時、なんと言いますか?

日本人なら delicious などと言ってしまいそうですね。

状況によっては間違いではありませんが、普段の食卓で使う場合はもっと自然な言い方があります。

「おいしい」の自然な英語表現 “tastes good”

広く使えるのが It tastes good. です。主語を省略して tastes good. でも自然に使えます。

taste は 「〜の味がする」という意味の動詞です。

日本人は taste = 「味」という名詞のイメージが強く、つい good taste と言ってしまいがちですが、これは不自然なので注意しましょう。

delicious は使えないのか

それでは delicious はどんな状況で使うと自然なのでしょうか?

delicious は、ゴージャスなもの、格式のあるもの、特別なものなど品のあるおいしさを表現する時に使えます。

ですので、普段の食事よりも特別な料理に使うと自然です。

奮発して食べに行ったフランス料理なら delicious、マクドナルドで新しいハンバーガーを食べたのであれば tastes good と言った感じです。
誰かが作った料理をほめる時も delicious を使えます。

その他の言い方

tastes gooddelicious 意外にもおいしいの言い方はたくさんあります。

delicious 品のある美味しさ。おいしさを表す最上級の表現と思っていいでしょう。

wonderful 驚くほどの美味しさ

great goodよりもおいしい

good おいしいと広く使える

nice 「うまい」「いいね」と言ったカジュアルな言い方。友達の間で使う。

yummy 主に子どもっぽい表現。大人も使うがフォーマルな状況では使わない。

tasty おいしいという感情よりも、風味があるのように味そのものに関する意味が強い

OK 「まあまあいける」という程度。日本人が思うOKよりもよりもネガティブなニュアンスなので注意。

まとめ

いかがでしょうか。

おいしい一つにもいろいろな言い方があるので、状況に合わせて自然に使えるとよりネイティブに近づけますね。

関連記事


スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masashi

まさし
英語を話せない典型の日本人だったが、30歳を過ぎてから猛勉強をしてアメリカ留学をする。

kanna

かんな
英会話勉強中の社会人。現在英会話を勉強しながら、実際に体験した感想をレビュー。

>> 詳しいプロフィールはこちら

Topへ↑